頭につけるのは『ダ』じゃない『タ』だ!? 埼玉県がついに本気を出した!

「さいたま市? あー、ダサイたまね」

さいたま市を『何も魅力がない』と揶揄(やゆ)するために使われる『ダサいたま』。

「それ『多彩(たさい)』の間違いだからー!」

そう叫びたくなるような、さいたま市の知られざる魅力をたっぷり詰め込んだ動画が公開されました。

魅力がいっぱいの『タサいたま』!

『盆さい』たま

いまや海外でも高い人気の日本の『盆栽』。特にさいたま市の『大宮盆栽』は名品といわれ、世界中から注目されています。

その盆栽を芸術的にも歴史的にもたっぷり楽しめるのが、『さいたま市大宮盆栽美術館』。公立の盆栽美術館ができたのは、世界で初めてなのです。

『お参りなさい』たま

2000年以上の歴史を持つ『武蔵一宮 氷川神社』があるのもさいたま市。

ヤマタノオロチを倒したという須佐之男命(すさのおのみこと)を祀っています。

例祭などの時は『氷川雅楽会』が雅楽を生演奏。その様子はまるで平安時代にタイムスリップしたかのような壮大さです。

『漫ざい』たま

さいたま市には、犬の心、サカイスト、ブロードキャスト!!、マヂカルラブリー、えんにち、GAG少年楽団、タモンズという、お笑い芸人7組からなるユニット『大宮セブン』も。

『大宮ラクーンよしもと劇場』を拠点に、大宮を盛り上げるために活動しています。

『野さい』たま

フェアリー・テイルやクララ、ロマネスコなど、珍しい名前のヨーロッパ野菜を育てる若手農家がいるのもさいたま市。

ワインに合う野菜を栽培・収穫し、市内だけでなく、全国各地に出荷しているんですよ。

『おやすみなさい』たま

お風呂に入って、ご飯を食べて、エステで癒され、ハンモックにゆられながらうたた寝する…。

さいたま市にはそんな楽園のようなカフェ『おふろcafé utatane』があります。泊まることもできるので、さいたま市で遊び疲れたらココですね!

『音楽さい』たま

さいたまは昔からロックが盛んな場所で、スリーピースロックバンド『ACIDMAN』のボーカルを務める大木伸夫さんも埼玉県出身。

2017年11月23日には、国内最大級の多目的ホール『さいたまスーパーアリーナ』でACIDMANがデビュー20周年を記念したフェス『SAITAMA ROCK FESTIVAL“SAI”』を主催します。

まだまだある『タサいたま』!

思っていた以上に、さいたま市って面白そうな場所がたくさんあるんですね。知りませんでした。

紹介しきれなかったさいたま市の魅力は、新しくオープンした『タサいたま』で公開中。「え、まだあったの!?」と驚くようなものでいっぱいですよ。

また、1問でもわかれば観光宣伝部員に認定してもらえる『さいたまクイズ』もあるので、ぜひチェックしてみてください。


[文・構成/grape編集部]

提供
さいたま市観光国際協会

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop