grape [グレイプ] trend

浦沢直樹、新連載はルーヴル美術館との共同プロジェクト 10.20開幕の漫画とは

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

2017年10月20日(金)発売のビッグコミックオリジナル(小学館)でスタートする浦沢直樹氏の新連載『夢印-MUJIRUSHI-』が、なんとルーヴル美術館との共同プロジェクトであることが判明しました。

毎月5日と20日の2回発売するビッグコミックオリジナルで、毎号掲載予定の新連載…筋金入りの漫画ファンならば、興奮せざるを得ません!

『YAWARA!』『MASTERキートン』(ストーリー/勝鹿北星・長崎尚志)『20世紀少年』などで知られる、浦沢直樹氏。久々に連載を行うこと自体は、ファンであればすでに耳に入っていたかもしれません。

しかし、まさかのルーヴル美術館との共同プロジェクトということで、一体何を、どのように描くのでしょうか。

漫画を現代アートととらえるフランス

ルーヴル美術館のあるフランスでは、漫画は娯楽として以外に、崇高な表現としても愛されています。現代アートの一種とみなされ、「第9の芸術」(※)と位置づけられるほど。

※フランスにおける芸術の序列。
第1から8までは順に「建築」「彫刻」「絵画」「音楽」「文学(詩)」「演劇」「映画」「メディア芸術」とされる(諸説あり)。

そのような背景もあり、ルーヴル美術館はコミックという表現方法を通じて、ルーヴルの魅力を広く伝えるためのプロジェクトを始動。

フランス国内外から選出されたアーティストが、それぞれの個性を活かしながら『ルーヴル美術館』をテーマに作品を描くという、前代未聞の取り組みなのです。

これまでに谷口ジロー、松本大洋も参加

ビッグコミックオリジナルではこれまで、ルーヴル美術館のプロジェクト作品として、谷口ジロー氏の『千年の翼、百年の夢』、松本大洋氏の『ルーヴルの猫』が連載されてきました。 他誌も含めて同プロジェクトに参加した漫画家は大御所揃い。まさに『アート』と呼ばれるにふさわしい作品が生み出されてきました。

さまざまなジャンルで大ヒット作を持ち、その画力はもちろん、張り巡らされた伏線や巧みな構成にも定評がある浦沢氏は、そんな世界最高峰の美術館を、漫画でどのように料理するのでしょうか。予想がつかなすぎて、「早く読みたい!」という欲求に駆られてしまいます。

ヴェールに包まれた新連載の内容 PVが公開中

気になる作品の内容ですが、あらすじすらまだ明かされていないものの、プロモーションムービーが公開されています。

フレンチ感あふれる洒落たイントロから、心がざわつくアグレッシブなギターサウンドへの転調。地下道のような場所をダッシュするスーツ姿の人物。扉を開ける少女と男性。そして、烏…。

これだけでは一体どんな作品か推測は難しい。

しかし、どの作品でも緻密な伏線で読者を惹きつけ、読み進めないと気持ち悪い、続けざまに読み返したくなる!といった声が多い浦沢作品。いちファンとしては、これまで以上に見事な『裏切り展開』を期待してしまいます。

『MASTERキートンReマスター』(ストーリー/長崎尚志)以来となるビッグコミックオリジナルでの浦沢直樹氏の連載は、10月20日ごろ発売の21号からスタート。日本やフランスのファンたちと共に、その芸術作品に酔いしれたいものです。

Share Tweet LINE

page
top