未来の病院ってどうなってるんだろう?妄想をアニメーションにしてみた

日々、技術は進歩して、さまざまなことが当たり前のようにできるようになりました。

最近では、お店で買い物するとカゴの中の商品を瞬時に調べて計算してくれますし、地球の裏側にいる人とTV会議をすることもできます。

医療も、治らないといわれていた病気の治療法が見つかったり、手術や入院の期間が短くなったり、どんどん進歩しています。

もっと医療技術が進化したら、どうなっていくのでしょうか!?

『未来の医療』はこうなる!?かもしれない

例えば、いつもと変わらず過ごしていたら、腕につけていた時計が反応!

オナカニ イジョウガ ミツカリマシタ

自分ではまったく気付いていない病気でも、これならすぐに病院に行って治療することができます。

『未来の医療』では、ほかにどんな可能性があるのでしょうか。

身体の内部で潜入オペ

現代の手術では、身体を切り開かないと治療が難しい病気も多いですよね。

技術が進歩すれば、いままでできなかったような身体の内側からの治療ができるかもしれません。

最新の医療を世界中で

病院がないような場所で病気になったら、医師を呼ぶのも難しいですよね。

そんな場所でも、通信技術がもっと発達すれば、世界中どこにいてもいつでも適切な治療を受けられるかも。

身体の一部をリニューアル

病気や事故などで機能しなくなった臓器を他人から移植するとなると、大変なもの。

もし自分にぴったりの臓器をその場で簡単に作って、そのまま取り替えることができたら、安心です。

『未来の医療』こんなことができたらいいな!

動画を公開したのは、「創造で、想像を超える。」をスローガンに掲げ、世界最先端の技術で医薬品の研究開発を行っている中外製薬。

社員同士の座談会で出てきた「未来の医療がこうなったらいいな!」をもとに、『中外製薬の夢』としてアニメーションで表現しました。

いますぐは無理でも、医療技術が発達していけば、いつか実現できる日が来るかも?!

あなたなら、どんなことを実現して欲しいですか。


[文・構成/grape編集部]

提供
中外製薬株式会社

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop