grape [グレイプ] lifestyle

クリスマスのイメージが変わるかも!日本の要素を取り入れたパーティーに「わびさびを感じる」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

クリスマスが近付き、街はツリーやイルミネーションで華やか。「今年はどんなクリスマスを過ごそう?」そう考え始める時期です。

「家でパーティー?」「レストランで豪華なディナー?」

楽しみなイベントだけれど、毎年、悩まされてしまいます。

ですが、その悩みが今年は簡単に解決するかもしれません!

『キリン 生茶』が「クリスマスの定番コンテンツを日本式にアップデートする」試みを行うのだそうです。新しい、『和のクリスマスパーティー』をご紹介します!

テーマは『洋と和の融合』

12月8日に開催された『茶会 Xmas Party by Namacha』。このパーティーでは、あらゆる所に『和』の要素を取り込むことによって、クリスマスのイメージをガラッと変えてしまいました。

会場に入ってまず目を引くのは、独特なクリスマスツリー。定番のツリーといえば、色とりどりにデコレーションされたもみの木。ですが、このパーティーでは、ツリーが盆栽風なのです!

これは国内外で人気の花美術家、日向雄一郎(ひなた・ゆういちろう)さんが監修したもの。盆栽のようなフォルムを持ちつつも、オーナメントや朱色の花などが、クリスマスのイメージを演出しています。

茶箱に植え付けられていたり、ツリーに当てる照明にも和紙が使用されたりと、ディテールも素敵です。落ち着きがあって凜(りん)としたたたずまいです。

食事やカクテルにも、和のテイストが

料理にも、『和』の演出がされています。パーティーらしく華やかに盛り付けられた料理は、とても鮮やか。食べる前から心がおどります。

お茶の葉っぱのデコレーションや和紙でできたペーパープレートなど、随所に『和』を感じさせる演出が、なんとも粋。和風に合うお肉として、最近しばしば耳にする『ジビエ』である鹿肉を選ぶあたりは、予想の斜め上をいっています。

モデルや女優などの間でも話題の料理人、山本千織(やまもと・ちおり)さんが手がけた料理は、優しい味で、緑茶にぴったり!和の食材にこだわり、緑茶に合うよう、上品な味付けに仕上がっています。

カクテルは、世界最大級のバーテンダーのコンペティションで準優勝を獲得した、藤井隆(ふじい・りゅう)さんが監修。

緑茶をアレンジしたカクテルの数々に共通するこだわりは、柑橘(かんきつ)類を一切使っていないということ。渋みを出さず、お茶の味を最大限に活かすためなのだそうです。

緑茶がこんなにクリスマスにマッチするなんて!

また、このパーティーでは乾杯にもひと工夫が。乾杯用に配られたシャンパングラスには、なんと『生茶』が注がれていたのです。

細長い形状になったグラスは、お茶が放つ香りをうまく閉じ込め、口当たりをなめらかにします。ボトルから直接飲んだり、普通のグラスに入れて飲んだりするのと比べて、味わいが違うことに驚かされます。

クリスマス・パーティーを和風にアレンジした『茶会 Xmas Party by Namacha』には、ひと味違うクリスマスの楽しみかたのヒントが、たくさん隠れています。また、生茶の公式Instagramではパーティーでの様子が公開されているので、チェックしてみてください。

今年はこのイベントをヒントにして『和なクリスマス』を過ごしてみませんか。

キリン 生茶
まる搾り生茶葉抽出物 加熱処理
のんだあとはリサイクル。
商品に関するお問い合わせ先/キリンビバレッジお客様相談室
電話番号:0120-595955(受付時間9:00~17:00 土・日・祝日・年末年始を除く)


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top