grape [グレイプ]

『発表会での珍事件』キョウリュウジャーの独壇場で、ゲームの話が頭に入ってこない件

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

カラフルなスーツに身を包み、カッコいいアクションで敵を倒す『スーパー戦隊シリーズ』。

1970年代からたくさんのヒーローを生み続けてきたこの特撮シリーズは、子どもはもちろん、大人をも魅了してきました。

その見どころは、ド派手な演出の数々。「ここまでやるか」とツッコミながらも、気づけばその世界観にハマってしまいます。

いままでに誕生したスーパー戦隊シリーズは、現在放送されているものを含めて全42作。そのどの作品にも当てはまりそうな『演出あるある』を紹介します!

変身している間、敵から攻撃を受けない

スーパー戦隊シリーズのお約束といえば、趣向を凝らした変身シーン。テレビの前の視聴者に向かって、決めポーズをばっちり!

その間、敵は攻撃してくることはなく、変身が終了するのを待ち続けてくれるのがほとんど。悪の組織なのに、礼儀正しすぎじゃないですか!

決めポーズからの、ド派手な爆発

変身が完了した後は、メンバーが全員集合して決めポーズ。そして背後に巻き起こる爆炎!

「なぜ」とツッコミを入れたくもなりますが、この迫力満点の演出はスーパー戦隊に欠かせません!

戦闘シーンは場所を移動

番組の序盤、街中で敵と遭遇するヒーローたち。戦いがヒートアップして、ついに本格的な戦闘シーンに突入します。すると…。

あれ、場所が変わってる!

激しい戦闘を繰り広げる時は、一般人を巻き込むわけにはいきません、そこでスーパー戦隊は敵と共に場所を移動しているのでしょうか。

一方、巨大化した敵と戦隊ロボのシーンになると、なぜか場所が高層ビル街になるということも…。

たまに『復活』する

スーパー戦隊は、1年おきに新しいシリーズになることがほとんど。しかし放送終了後に『復活』を遂げることがあります。

2018年にも、ある人気のスーパー戦隊が復活し、ファンの中で話題になっているのだとか!

その正体は、2013年2月から2014年2月まで放送されていた『獣電戦隊キョウリュウジャー』。ド派手なバトルで人気のスマホゲーム『ブレイブ フロンティア』の新シリーズリリースを記念して、コラボ企画を行うことになりました。

『ブレイブ フロンティア2』のために、キョウリュウジャーが再集結するのには、ある理由がありました。

それは『ブレイブ』。キョウリュウジャーにとってブレイブは『絶望を乗り越える人間の魂』として、欠かせないものでした。

そして『ブレイブ フロンティア2』と、『同じ「ブレイブ」を背負うもの同士が再集結』という企画を軸に、今回のコラボレーションが実現。コラボで実現された幻のストーリー『獣電戦隊キョウリュウジャー 幻の33.5話』は、キョウリュウジャーファン感涙必至です!

『ブレフロ2』リリース発表会に潜入!そこである事件が…

キョウリュウジャーまで出動させてしまう『ブレイブ フロンティア2』。それは一体どんなゲームなのでしょうか。編集部は『ブレフロ2』のリリース発表会に潜入しました!

発表会では、プロデューサーの高橋英士(たかはし・えいじ)さんなどが登壇。ゲームの説明を始めようとすると…。

はははははは!

会場に響き渡る不敵な笑い声。暗転したステージに突如現れたのはキョウリュウジャー悪の組織デーボス軍!登壇者を人質にとって大暴れしますが…。

そこにお馴染みの決めポーズでキョウリュウジャーが登場。華麗な技の数々で、見事敵を撃退してくれました!幸い無傷だった関係者たちは、気を取り直してゲーム説明を再開しました。

技を決める度に感激!フリック操作がやみつきになる

『ブレイブ フロンティア』シリーズの魅力といえば、重厚なストーリー、そして最高峰のクオリティを誇るドットアニメーション。『ブレフロ2』では、2人の主人公視点でストーリーが展開されます。キャラクターのバックグラウンドやキャラクター同士の関係性など、細部まで描かれているので、ゲームを進めれば進めるほど、のめり込んでいくのです。

基本的な操作はタップとフリックのみ。シンプルな操作でさまざまなキャラクターを動かしたり、特別なスキルを発動させることができるので、プレイは爽快そのもの!ストレスなく戦いやストーリーに集中することができます。

一度始めると、きっとやめられない人気スマホRPGの最新作…。ぜひ皆さんもダウンロードして、ブレフロ2の圧倒的な世界へ旅をしてみませんか。

『ブレイブ フロンティア2』
リリース予定日:2018年2月22日

『ブレフロ2×キョウリュウジャー』特設サイト
獣電戦隊キョウリュウジャー 幻の33.5話期間限定公開中!

©東映
©Alim


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE