grape [グレイプ]

「テレビを占領しないで!」喧嘩の種だったあの問題を解決する方法が!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

「いまから観たい番組が始まるんだけど」

「何時間テレビ占領してるの!」

長年、リビングで繰りひろげられるテレビの『チャンネル争い』。

スマホでさまざまなコンテンツを観られるようになったりと、各々で過ごすことが増えている昨今ですが、リビングのテレビの存在感はまだまだ大きいという家庭も多いのではないでしょうか。

特にテレビゲームをしていると、家族からのクレームにさらされることもしばしば…。

そんな問題を解決できる機能があるのをご存知でしょうか。

Sonyのスマホ『Xperia™』があれば、『リモートプレイ機能』を使って、テレビがなくてもPlayStation®4のゲームを楽しむことができるのです!

PS4®のリモートプレイ機能って?

リモートプレイとは、PS4®のそばに自分がいなくても、遠隔でPS4®のゲームができる機能のこと。XperiaとWi-Fi環境があれば、いつでもどこでもPS4®のゲームをプレイできてしまうのです!

新作ゲームを買うたびに長時間テレビを占拠してしまい、肩身の狭い思いをしてきたゲーマーにとっては、嬉しい機能ですよね。

実はPS3®の時代からある機能なのだそうですが、その存在を最近知った私。早速いまプレイ中の『進撃の巨人2』を新しく発売したXperia XZ2を使って体験してみました!

設定はとても簡単で、日頃、パソコンやWi-Fiの設定を家族に頼みがちな私でも、迷うことなく設定ができました。

詳しい設定の方法は、下記のウェブサイトでチェックしてみてくださいね。

この機能を使えば、ベッドに寝転んでプレイすることも、はたまたトイレに持ち込むこともできてしまいます!

さらに便利なアクセサリ『XDマウント』

スマホでリモートプレイをする際に、少し気になることが。

スマホを置いてプレイすると、画面がちょっと見づらい…。

そんな悩みを解消してくれるアイテム『XDマウント』が登場しました!

発売に先駆け、モニターとして一足早くXDマウントを試せることになったので、早速プレイしてみることに!

『XDマウント』は、PS4®のコントローラー(DUALSHOCK®4)に装着してXperiaをセットすると、スマホの置き場や角度にも縛られず、より自由にプレイすることが可能になる優れモノ。

自宅のPS4®、会社でプレイしてみた!

プレイ中の悩みも解消したところで、会社でやってみることにしました。

ランチタイムに『進撃の巨人2』をプレイするために、自宅のPS4®をスタンバイモードにして出勤です!

XperiaのPS4®リモートプレイアプリを起動してPS4®を検索して…いざプレイ!

外出先でのリモートプレイは初めてでしたが、ラグなども気になることなく快適にプレイすることができました。

バトルシーンでは、スマホを置いてしまうと距離感がつかみにくくなりますが、スマホとコントローラーが一体化していることで操作性がぐっとあがります!

個人的にはテレビ画面でプレイするのと、それほど変わらない感覚でプレイすることができました。

編集部のゲーム好きたちにも試してもらいましたが、かなりの高評価!リモートプレイの愛用者からも、XDマウントがあることで、テレビ画面でプレイする感覚により近くなると絶賛でした。

こんなシーンでも使える!

友だちの家に、コントローラーとXperiaを持って集まれば、それぞれ別の場所でプレイするよりも、さらに盛り上がること間違いなし。

大手キャリアが提供しているWi-Fiスポットや、フリーWi-Fiのスポットも年々充実しているので、外でもプレイできる場所は幅広そうです。

カフェやファーストフード店でまったりプレイしたり、ちょっとした隙間時間をプレイ時間にあてることもできてしまいます。

いつでもどこでもPS4® のゲームを楽しむことができますが、くれぐれも熱中し過ぎには気を付けてくださいね!


※XperiaシリーズでのPS4リモートプレイには、専用アプリ“PS4リモートプレイ”に対応したXperia Z3シリーズ以降の端末が必要です。
    原作/諫山創「進撃の巨人」(講談社『別冊少年マガジン』連載)
    ©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
    ©2018 コーエーテクモゲームス

[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top