grape [グレイプ]

高島礼子の元夫・高知東生の現在に驚き 介護中の父について語ったことは

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

高島礼子の元夫・高知東生の現在に驚き 介護中の父について語ったことは

女優として活躍する高島礼子(たかしま・れいこ)さん。

元夫である高知東生(たかち・のぼる)さんが覚せい剤・大麻所持で逮捕された時には謝罪会見を開き、その姿に同情の声が集まりました。

そんな高島礼子さんの活躍ぶりや、介護中のお父さんへの想い、高知東生さんの現状など、さまざまな情報をご紹介します!

高島礼子ってどんな人?

まずは高島礼子さんのプロフィールをチェックしていきましょう!

生年月日:1964年7月25日

出身地:神奈川県

身長:168cm

血液型:B型

特技:モータースポーツ

趣味:テニス、ゴルフ

所属事務所:太田プロダクション

女優になる前は車が好きで、プロのカーレーサーになりたかったという高島礼子さん。モータースポーツの国内A級ライセンスを取得し、アマチュアのカーレーサーとして活動していました。

23歳の時に「この年齢になると、プロのカーレーサーになるのはムリかな」と考え始め、レースクイーンやモデルの仕事をスタート。

転職情報誌『とらばーゆ』のCMに出演すると、俳優の松平健さんの目に止まり、ドラマ『暴れん坊将軍III』(テレビ朝日系)のキャストに推薦されて女優になりました。

それからはドラマ『水戸黄門』(TBS系)や『大岡越前』(TBS系)などさまざまな作品に出演。

中でも1999年から主役を務めた映画『極道の妻たち』シリーズは高い評価を得て、高島礼子さんの代表作になりました。

高島礼子の元夫・高知東生の現在に驚き 介護中の父について語ったことは

映画『極道の妻たち』に出演した高島礼子さん 1999年

女優デビューから約20年が経った現在も主演・助演問わず多くのドラマや映画に出演。実力派の女優として活躍しています。

高島礼子 元夫・高知東生が逮捕され、会見で語ったことは

1999年2月、高島礼子さんは2年半の交際を経て、俳優として活躍していた高知東生さんと結婚しました。

高島礼子の元夫・高知東生の現在に驚き 介護中の父について語ったことは

結婚することを発表した高島礼子さんと高知東生さん 1998年

挙式はハワイで行われ、それまで浮名を流した高知東生さんでしたが、高島礼子さんに対しては「同じ失敗は繰り返さない」と断言し、仲むつまじい様子を見せていました。

それから2人はおしどり夫婦として知られ、2001年に映画『長崎ぶらぶら節』で高島礼子さんが日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞した時には、連名でパーティーを開いたことも。

しかし、2016年6月に、高知東生さんが覚せい剤と大麻所持の容疑で現行犯逮捕されるという事件が起きます。

この事件について高島礼子さんは会見を開き、高知東生さんへの想いや今後のことを語りました。

罪を犯した夫をフォローする言葉を口にし、時に涙をにじませながらも、毅然とした姿を見せた高島礼子さん。この会見を見た人から、同情と応援のコメントが寄せられています。

・とても立派な会見。こんな状態になっても、夫をフォローしている素晴らしい人ですね。

・気の毒すぎる。離婚して、幸せになってほしい。がんばって!

・つらそうで、もらい泣きしてしまう。事実をしっかりと受けとめて、正確に言葉をつむごうとする姿勢が素晴らしい。

その後、同年8月に2人は離婚。一部週刊誌によると、高知東生さんの方から手紙とともに、署名と判を押した離婚届が送られてきたのだそう。

高島礼子さんを女優の世界に導いた松平健さんは記者会見で、「現状を乗り越えて、強く生きてもらいたいと思います。味方はいっぱいいますので」と応援の言葉を贈りました。

高知東生の現在は?

高知東生さんは、2016年6月以来、更新していなかったツイッターを2018年4月から再開。改めて自分の罪を悔いる言葉を投稿しました。

これには、「また頑張ってください!」「反省していないのでは?」と賛否両論の声が寄せられています。

また、数日後には、違法薬物の依存性が認められないことを示した『医師の証明書』の画像も投稿しました。『大崎丈二』は、高知東生さんの本名です。

一度は高島礼子さんのお父さんの介護を理由に芸能界引退を発表した高知東生さんですが、2017年に歌手デビューに向けて再始動していたことが報じられました。ライブなども行っているようです。

高島礼子が父の現状について語る

高知東生さんが芸能界を引退する理由として語った、高島礼子さんのお父さんの介護。その実情はどのようなものなのでしょうか。

高島礼子さんのお父さんは、2003年ごろから難病であるパーキンソン病を患っています。

パーキンソン病

振戦(ふるえ)、動作緩慢、筋強剛(筋固縮)、姿勢保持障害(転びやすいこと)を主な運動症状とする病気で、50歳以上で起こる病気です。

時々は40歳以下で起こる方もあり、若年性パーキンソン病と呼んでいます。

難病情報センターーより引用

当初はさまざまな治療を試みていたそうですが、現在はお父さんの意識はほとんどなく、延命治療の状態だといいます。

高島礼子さんは2018年1月発売の終活情報誌『終活読本 ソナエ』の中で、お父さんのことをこう語りました。

正直言って、ひょっとすると自分たちの自己満足のために延命しているのではないか、という思いもあります。

父の意識があるころは、私が舞台に出るときなど、車いすでゲネプロ(通し稽古)を見に来てもらいましたが、去年ぐらいからはそれももうできなくなりました。

いま思うのは、いざというときどうするのかを家族で話し合っておくことが大切なんですね。延命治療はどうするのか、お葬式はどうするのか…。話し合いがあれば、母の葬儀もあれほど慌てなかったと思いますし、父の治療も違ったものになっていたかもしれません。

終活読本 ソナエ ーより引用

心境を赤裸々に明かした高島礼子さん。約15年の介護生活を経てきて、ひと言ではいい表せない複雑な想いがあるようです。

高島礼子の現在・これからは

高島礼子さんは、2020年1~3月にかけて放送されたドラマ『駐在刑事 Season2』(テレビ東京系)や、同年1月公開の映画『アパレル・デザイナー』に出演しました。

ドラマや映画だけでなく、バラエティ番組に出演することも増えてきた高島礼子さん。今後、どのような活躍を見せてくれるのか注目です!


[文・構成/grape編集部]

出典
太田プロダクション@noborutakachi終活読本 ソナエ難病情報センター@movie_apparel

Share Tweet LINE

page
top