grape [グレイプ]

「もう歳かねぇ…」母の『小さな異変』に気付いた娘、幼馴染に相談すると?

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

  • これは最後まで見てしまう…。
  • ストーリーに泣かされた。
  • 声優陣が豪華すぎてびっくり!

島で暮らすある家族の温かい絆を描いたアニメーション動画が、ネットでじわじわと話題になっています。思わず見入ってしまう美しい映像と、聞き覚えのある登場人物の『声』にもご注目ください。

「ママー、ねえこれ何?誰のメガネ?」

リビングに飾ってあるメガネを不思議に思った女の子。ママは、そのメガネにまつわる素敵なお話を教えてくれたのです――。

突然、母を襲った『謎の病』

ママ・ナナミがまだ学生だった頃。ある日、部屋の掃除をしていた母親が、手を滑らせて花瓶を割ってしまいました。

「ごめんね、何だか手が痛くて…。もう歳かねぇ」

2か月前から症状が出始め、痛みが治まらない母の手。病院に行っても原因が分からないままでした。

弱音を吐く母を心配して落ち込むナナミ。家族ぐるみで親しい幼馴染のヒカルに、最近の母の様子を打ち明けます。その時、彼は、幼いころにあった忘れられない『ある出来事』を思い出したのです。

「えっ、いま何ていったの!?」

高校生最後の夏。受験を間近に控えた学校の帰り道、ヒカルはナナミに「医学部を目指す」と伝えます。小説家を目指していたはずの彼の思わぬ言葉に、ナナミは動揺を隠せません。

ヒカルは猛勉強の末、東京の医学部に見事合格。幼いころからずっと一緒にいた彼が、いつの間にか遠い存在になってしまったようで、ナナミは寂しさがこみ上げます。

そんな中、母の症状は日に日に悪化し、とうとう自分で洋服のボタンをかけることすら困難になっていました。

そして、ヒカルが上京して数年が経ったある日、ナナミのもとに1本の電話がかかってきたのです――。

ヒカルが医学部受験を決意した『本当の理由』とは、そして、母をむしばむ病とは…感動のラストは、動画でご確認ください。

豪華すぎる声優陣に驚き!

『メガネ』をキーアイテムにして展開される、壮大なストーリーにぐっと引き込まれる本作。多くのアニメ作品を世に送り出しているタツノコプロが制作しています。島の美しい自然を背景に描かれる、家族と友情の絆に、涙があふれます。

また、声優陣も人気・実力ともに兼ね備えた人たちが担当!

主人公の幼馴染・ヒカルの声を担当しているのは、有名アニメ映画のメインキャラクターの声などを演じた声優・入野自由さん。また、お笑いコンビ・オアシズの大久保佳代子さんがナナミの母親の声を熱演しています。

自分や家族が、この病に襲われたら…

こちらの動画は、関節リウマチの早期発見・早期治療の啓発として、中外製薬が公開したもの。

自己免疫疾患の1つである関節リウマチは、関節が炎症を起こし、軟骨や骨が破壊されて関節の機能が損なわれ、放っておくと関節が変形してしまう病気です。

いまは医学の進歩により、早期治療ができれば希望をもつことができる時代になりました。そのためにはまず、専門医にみてもらうことが大切であると伝えています。

実は、ナナミの母親の声を演じる大久保さんは、自身も関節リウマチの治療に励んでいた経験があるのだとか。

そとからは気付きにくい、関節リウマチの痛み。「違和感を感じる」と思ったら、我慢せずに専門医に相談する勇気を持つことが大切です。

ナナミやヒカルのような、周りの人の理解とサポートによって、未来が大きく変わるかもしれません。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top