grape [グレイプ]

一見、可愛いらしいピザ窯…かと思いきや?「これは欲しすぎる!」の声続出

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

ネットで話題沸騰中のこちらのアイテム。可愛らしいカラフルなピザ窯のようにも見えますが、新しい家電製品の類でしょうか。

それでは、ちょっと離れたところから眺めてみましょう。

ん??なんだこれ!!!?

ちっさ!!!!思わず叫んでしまうほど、何とも可愛らしい、ミニチュアサイズの窯ではありませんか!こんなに小さい窯、いったい何に使うのでしょう。

なんとこれ、森永製菓の『BAKE』専用に作られた窯なのです!

『BAKE』の『ひと粒窯』にネット騒然!

チョコを"焼く"という独自の製法で生み出され、夏でも溶けないほど熱に強い『BAKE』ですが、温めるとさらにおいしさがアップするという裏ワザが。

そこで作られたのが、この『BAKE専用ひと粒窯』です。

  • なんじゃこりゃ可愛すぎかよ!
  • 待って、これめっちゃほしい…。
  • 頼むから商品化してくれ!

ネットで公開されるやいなや、「絶対ほしい!」という声が続出。実はこのアイテム、販売はされておらず、キャンペーンに応募した人だけに抽選で当たる限定グッズなのです。

『BAKE』がたった1粒しか入らない、小さな小さな『ひと粒窯』。飾っているだけでも十分可愛いのに、実際に温めることができるというから驚きです!

ひと足お先に『ひと粒窯』を試してみた!

今回、grape編集部は、どこよりも早く『ひと粒窯』を体験させてもらえることになりました。

早速開けてみると、かっ…可愛い…!!窯に描かれた"BAKEカラー"のモザイク柄と、ころんとしたフォルムがたまりません。

実際にどうやって窯の中を温めるのかというと、なんと、電源が入ったパソコンにUSBを繋いで温める仕組みなのです。これなら仕事中のちょっとした休憩タイムにぴったりですよね。

それではいよいよ、『BAKEショコラ』をひと粒だけ窯の中に…。

ここで登場するのが、超ミニサイズの可愛すぎる『ヘラ』!ちゃんと木目模様が入っているなど、細かいこだわりがいちいち女心をくすぐります。

ヘラで窯の中に『BAKE』を入れ、電源ボタンを押すと『加熱中ランプ』が赤く点滅して加熱がスタート。

すると、窯の奥がオレンジに光りだしたではありませんか!まるで本当に炎で焼かれているようなリアルさに感動です。しばらくすると、辺りに香ばしい香りが…。

加熱をスタートして5分ほど経過すると、オレンジ色の『食べごろランプ』が点滅し、食べごろを教えてくれます。

もっと温めたい時は、電源をもう一度押せば再加熱ができるようですが、故障を避けるために20分以上の連続使用は控えたほうがいいとのこと。

ドキドキしながら、ヘラを使って窯から『BAKE』を取り出します。一気に甘い香りが立ち込めて、言葉にならない幸せな気持ちに。

指で持ってみると、思っていた以上に熱々でびっくり!口に運ぶと、外側はカリっと香ばしく、中からはなめらかなチョコレートがとろけてきました。

同じように、『BAKEクッキー』でも試したところ、外側のクッキーがサクッと崩れ、『BAKEショコラ』よりもさらに中のチョコレートがトロっと柔らかくなりました。

出来上がるまでに、目や鼻など五感をフル回転させてじっくり楽しめるので、いつもの『BAKE』が贅沢なデザートに生まれ変わったようです!

たった1粒しか温められないからこそ、待っている時間も特別感が増しますよね。

『BAKE専用ひと粒窯』の開発から完成まで、なんと10か月もかかったのだとか。パソコンの電力だけですぐに温まる素材探しから始まり、温度のベストバランスを調整するなど、涙ぐましい努力から生まれたアイテムなのです。

プレゼントにここまで時間とお金をかけるなんて…森永製菓さん、熱すぎます!実際に使ってみて、可愛さと実用性を兼ねたそのクオリティに驚くばかりでした。

仕事中にちょっと落ち込んでしまったり、イライラしてしまったり…。そんな時、甘く香ばしい香りをかぎながら『BAKE』が温まるのをゆったり待つ時間は、疲れた心をそっと癒してくれるはずです。

あなたも、キャンペーンに参加して『BAKE専用ひと粒窯』をゲットしてみてはいかがでしょうか。私も絶対に応募します!

抽選で1500名に当たる!『BAKE専用ひと粒窯』プレゼントキャンペーン

  • キャンペーン期間:2018年8月28日(火)~2019年1月31日(木)
  • 応募方法:『BAKEショコラ』もしくは『BAKEクッキー』を購入し、パソコンまたはスマートフォンから応募(レシート1枚で1口の応募となります)。
  • ※詳細は特設サイトからご確認ください。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top