grape [グレイプ]

『アナ雪』や『ラプンツェル』も!ディズニーファン大興奮のゲームって?

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

  • アナ雪も出てるんだ!
  • 待ってました、楽しみすぎる。
  • トイ・ストーリーは熱い!

2019年1月25日の読売新聞に掲載された、こちらの広告。

『アナと雪の女王』のエルサや『塔の上のラプンツェル』のラプンツェルなど、人気のディズニーのキャラクターが並んだ見開きの紙面には、「夢しかない」のコピーが。

実はこれ、2019年1月25日、に発売のゲーム『キングダム ハーツⅢ』の広告なのです。

表情豊かなキャラクターたちの姿に、ディズニー好きなら、ついつい見入ってしまいます!

『キングダム ハーツ』シリーズをプレイしたことがある人は、これを見ただけで、ワクワクや切なさで胸がいっぱいになるのではないでしょうか…。

『キングダム ハーツ』って?

『キングダム ハーツ』は2002年に1作目が発売されたロールプレイングゲーム。17年にもわたってファンに愛され続けているロングヒットシリーズです。

ディズニーの世界を冒険!

その大きな特徴は、ディズニーの作品の世界を舞台にした"ワールド"を、ディズニーのキャラクターと一緒に冒険できること!

『くまのプーさん』のプーやピグレットとおしゃべりしたり、『リトル・マーメイド』のアリエルと泳いだり、まるでディズニーの作品の中に入り込んだような気分が味わえます。

観るだけでワクワクする作品の世界を、仲間と共に旅することができるのは、ほかでは味わえない『キングダム ハーツ』ならではの特徴。

一緒に冒険する中で、ドナルド、グーフィーの意外な姿を見ることもできますよ。

夢あふれる世界観は、トレーラー動画で感じてください!

重厚なストーリー

夢いっぱいのディズニーのワールドとは対照的に、奥深いストーリーも魅力の1つ。

主人公は、明るく元気な少年、ソラ。ある日、親友のリクとカイリと離ればなれになってしまったソラは、"キーブレード"という鍵型の剣を手にし、親友を取り戻すために旅に出ます。

この世界のディズニーキャッスルの王様、ミッキーを探して旅を始めたドナルドやグーフィーが仲間に加わり、さまざまなディズニーのワールドを駆け巡るうち、親友と再会するための旅は、いつしか世界を救う旅となっていきます。

再会した親友との対立や、別れの選択、心の闇との対峙。

世界の異変は誰の仕業でどんなもくろみがあるのか…謎が深まる中で、それぞれの正義や想いが交錯して生まれる切ないストーリー。

どんな時も、仲間を信じる心で未来を切り開こうとするキャラクターたちの姿に、思わず涙がこみ上げます。

ソラとドナルド、グーフィーの絆はもちろん、心を揺さぶられるシーンが満載。そして、ここぞという時に現れるミッキーに、胸が躍ること間違いありません!

待望の新作!『キングダム ハーツⅢ』

今作の『キングダム ハーツⅢ』では、『アナと雪の女王』や『ベイマックス』を始めとしたディズニーの新作映画や、ピクサーの作品である『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』、そして実写映画の『パイレーツ・オブ・カリビアン』などのワールドが登場。

『トイ・ストーリー』のワールドではおもちゃのような姿になったり、『モンスターズ・インク』のワールドではモンスターのような姿になったりと、ソラ、ドナルド、グーフィーが、それぞれのワールドに合わせて変身する、ディズニーファンなら大興奮の演出も!

バトルの操作はシンプルで、ゲーム初心者でも安心。各ワールドに登場するキャラクターとの連携技や、テーマパークのアトラクションのような演出の『アトラクションフロー』など、バトルを楽しめるディズニーらしい仕掛けもいっぱいです。

初代から引き続き、テーマソングを担当したのは宇多田ヒカルさん。オープニングテーマの『Face My Fears』、エンディングテーマの『誓い』がゲームの世界にそっと寄添います。

また、『キングダム ハーツⅢ』は、第1作から続く"ダークシーカー編"の最終章。シリーズを通して紡がれてきた物語がついに完結します。

ディズニーファンなら、ワクワクすること間違いなしの『キングダム ハーツ』シリーズ。まだプレイしたことがない人も、最終章の発売をきっかけに、ディズニーの世界を冒険してみませんか。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top