grape [グレイプ]

小日向文世「妻と息子とは毎日キスとハグ」 意外な性格を長澤まさみにバラされる?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

芸能 フジテレビドラマ「コンフィデンスマンJP」完成披露試写会 出席した小日向文世

俳優として活躍している小日向文世(こひなたふみよ)さん。

抜群の演技力を持つバイプレイヤーとして知られ、ひょうひょうとしたキャラクターも多くのファンから愛されています。

そんな小日向文世さんの過去や、妻・子供との驚きのエピソードなど、さまざまな情報をご紹介します!

小日向文世 若い頃の悩みや、転機を語る

2016年7月22日放送のトーク番組『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に小日向文世さんが出演。若い頃の悩みや、自身の転機を告白しました。

高校を卒業した後は地元である北海道から上京し、グラフィックデザインの専門学校に入学した小日向文世さん。

当時から「自分は、本当は違うことをしたいのではないか」という思いがあったといいます。

そんなある日のこと、小日向文世さんはスキーをしている時に事故にあい、骨盤を複雑骨折するなどの大ケガを負ってしまいました。

※写真はイメージ

このケガが完治するまで多くの手術を繰り返し、約2年間、何もすることができなかったそう。小日向文世さんは当時をこのように振り返ります。

その年の冬にスキーに行って複雑骨折して、2年間、棒に振っちゃったんです。手術の繰り返しで…。

「お前の進む道はそっちじゃないよ」って、コテンて倒されたような。

徹子の部屋 ーより引用

ケガをしたことがきっかけで、「自分の進む道はここではない」と気付かされたといいます。

その後は写真の専門学校に通うも、再び「違う」と感じ、22歳の時に以前から興味があったという俳優を目指すことに。

それからは俳優の中村雅俊さんの付き人になるものの、仕事がなく生活に困ることが日常茶飯事。

小日向文世さんがブレイクするきっかけとなったドラマ『HERO』(フジテレビ系)が放送される2001年までは、苦労の連続だったのだとか。

小日向文世 妻・息子と「キス、ハグは毎日」

同番組では、小日向文世さんの家族秘話も明かされました。

小日向文世さんは1993年に、自身と同じ劇団に所属していた11歳年下の女性と結婚。1995年には息子さんが生まれています。

息子さんとは「毎日ハグをする」というルールがあるといい、詳細を明かします。

そうです、スキンシップ。

子供がちっちゃい時に、幼稚園行く時に交通事故にあって何が今生の別れになるか分からないからそれがイヤで。

だから毎日、「いってらっしゃい」の時にはハグをして。「これが今生の別れになるかもしれない」って思いながらハグをするっていう風にしたんですね。

それからもう、ずーっと続いてるんです。

徹子の部屋 ーより引用

朝は息子さんと生活リズムが違ってハグをしないこともあるそうですが、眠る前には必ずするといいます。

その時は、息子さんをしっかりと抱きしめ、悩みごとがないかどうかなどを感じ取れるように気を配っているのだとか。

また、「妻と毎日キスをする」というルールも紹介され、小日向文世さんは笑顔で語ります。

それはもう若い時から。今生の別れっていうよりも、絆を常に深めていたいという。

徹子の部屋 ーより引用

妻は若い頃、まだ売れない俳優であった小日向文世さんを支え続けたそう。時には、妻の苦労を小日向文世さんが感じることもあったといいます。

劇団て、舞台やってるとなかなか(生活が)ね。

19年も劇団にいたんで、まあ慣れてたんですよ。ですから女房もそういうの平気だったんで。

ただやっぱり、結婚して女房は子供ができて、公園でママ友たちと会うと「どうも、自分たちはかなり貧しい」っていうことが分かったみたいで。それでやっぱり苦労したみたいですけどね。

徹子の部屋 ーより引用

当時、仕事がなく荒んだ気持ちでいたという小日向文世さんは、妻に「文句があるなら、はっきり口に出していいなよ」といったそう。

しかし、妻はそんな言葉に目くじらを立てることもなく、小日向文世さんを抱きしめ「かわいそうに」となぐさめてくれたといいます。

これには、番組MCの黒柳徹子さんも「本当にすごい人」と、小日向文世さんの妻を称賛していました。

小日向文世の素顔に共演者がクレーム?

2019年1月14日放送のバラエティ番組『帰れま10』(テレビ朝日系)に、俳優・木村拓哉さんや女優・長澤まさみさんが出演。小日向文世さんの意外な一面を明かしました。

同番組では、木村拓哉さんがドラマや映画の撮影で起きた、さまざまな出来事を告白。途中から長澤まさみさんも登場し、トークに加わります。

話が盛り上がる中、ほかの仕事があって同番組に出演できなかったという小日向文世さんはVTRで出演。

スタッフから「長澤まさみちゃんに聞きたいことあります?」と振られた小日向文世さんは「いま、誰と付き合ってるの、とか」と、驚きの発言をします。

実は、小日向文世さんは日ごろからこういった質問を共演者に投げているそうで、長澤まさみさんとのエピソードを明かしました。

そういうこというと「うるせぇんだこの!」って、「ジジイ!」とかっていわれるんで。

それが楽しいんですけどね。

帰れま10 ーより引用

長澤まさみさんに、きついツッコミを受けたという小日向文世さん。長澤まさみさんは笑い、その時の出来事を話します。

以前、ほかの作品の打ち上げの時に、そういう感じでずーっと聞いてくるんで。最初は「まあまあまあ」って感じで(逃げていた)。

ずーっと聞いてくるんで、はしたない言葉を(長澤まさみさんが小日向文世さんにぶつけた)。

帰れま10 ーより引用

これには、木村拓哉さんも思い当たることがあった様子。

過去に、木村拓哉さんはドラマ『HERO』(フジテレビ系)で小日向文世さんと、女優・北川景子さんと共演しました。

北川景子さんは当時、現在の夫であるマルチタレント・DAIGOさんとの熱愛話が浮上。そんなデリケートな時期に、小日向文世さんは北川景子さんに向かってこう挨拶したといいます。

景子ちゃんおはよー。ウィッシュウィッシュ!

帰れま10 ーより引用

DAIGOさんの決め台詞を交えながらの挨拶。木村拓哉さんは「バカじゃねぇのと思った。普通、ここで聞かねぇだろ」と呆れた様子を見せます。

北川景子さんはちょっと怒ったように「そうですよ!」と答えていたといい、このエピソードを聞いた周囲の人は驚きの表情を浮かべていました。

小日向文世の現在・これからは

小日向文世さんは2019年も大活躍中です。

1月から、『マスカレード・ホテル』や『かぞくわり』、『そらのレストラン』など多くの出演映画が公開。5月にはドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)の劇場版が公開されます。

『コンフィデンスマンJP』 ロマンス編 予告

ドラマも『メゾン・ド・ポリス』(TBSテレビ系)や『浮世の画家』(NHK)など、多くの作品に出演しています。

長い下積み時代を超え、快進撃を見せる小日向文世さん。これからどんな姿を見せてくれるのか楽しみですね!

小日向文世 プロフィール

生年月日:1954年1月23日

出身地:北海道

血液型:O型

身長:164cm

所属事務所:FATHER'S CORPORATION

1977年に劇団『オンシアター自由劇場』に入団。1996年に同劇団が解散した後は映像の世界に踏み込む。当初は端役が多かったが、徐々に主役なども務めるようになり、2007年のドラマ『HERO』でブレイク。仕事が途切れることがない人気俳優の仲間入りを果たし、現在も数多くの作品に出演している。


[文・構成/grape編集部]

出典
FATHER'S CORPORATION徹子の部屋confidenceman_jp『コンフィデンスマンJP ーロマンス編ー』 予告②【5月17日(金)公開】

Share Tweet LINE コメント

page
top