grape [グレイプ]

阿部寛主演で、ドラマ『ドラゴン桜』15年ぶり復活 東大クラスの面々にも注目集まる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

俳優の阿部寛さん主演で2005年に放送されたドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)が、15年ぶりに復活!2020年夏、続編が放送されることが決定し、早くもファンの期待が高まっています。

同名漫画をドラマ化した人気作品『ドラゴン桜』

『ドラゴン桜』は、三田紀房さんによる同名漫画をドラマ化したもの。主人公の桜木建二が、低偏差値の生徒たちを半年で東大に合格させるまでを描いた人気作品です。

原作漫画は2007年に連載を終了していましたが、2018年には前作から10年後を描いた続編『ドラゴン桜2』として再び連載を開始。

ドラマ版でも10年後の世界を舞台に、子育てや部下の教育にも通じる通称『桜木メソッド』満載でストーリーが展開していきます。

もちろん、主演は前作に引き続き阿部寛さんが続投。続編の放送決定を受け、意気込みを語っています。

 前作から15年経って、再び桜木建二を演じさせていただくこととなりました。 この15年で受験生や学校を取り巻く環境は大きく変わりました。 当時の常識が、今は通用しません。
そんな現代においても、バカとブスほど東大に行け! と、ひとつもぶれることなく生徒を指導する桜木の 姿を信じています。今作も桜木なりの最短距離なやり方で、東大合格に挑んでいきます。 ぜひご期待ください。

TBS ーより引用

また、忘れてはいけないのが劇中で『東大クラス』と呼ばれていた落ちこぼれ生徒たちの存在。

前作では、新垣結衣さん、小池徹平さん、中尾明慶さん、長澤まさみさん、山下智久さんら、後の人気俳優たちが勢ぞろいしていただけに、続編でもその面々に注目が集まっています。

すでに「今から楽しみ」「主演が阿部ちゃんでよかった」「若手俳優の登竜門的な作品になるのでは」と放送を楽しみにする声が上がっている、ドラマ『ドラゴン桜』続編。

2019年度をもってセンター試験が廃止され、2020年度には新たに『大学入学共通テスト』が行われることが発表されている現在、一見無茶苦茶にも思える主人公・桜木の勉強法は、再び社会現象を巻き起こしてくれそうです!


[文・構成/grape編集部]

出典
TBS

Share Tweet LINE コメント

page
top