grape [グレイプ]

Superflyの越智志帆が病気だった? 新曲『フレア』が朝ドラに採用

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

Superfly

ソロ音楽ユニットとして活躍しているSuperfly(スーパーフライ)。高い歌唱力とバラエティに富んだ曲で、男女問わず多くの人から支持されています。

この投稿をInstagramで見る

Mステでました、見てくれてありがとう!

Superfly(@superfly_shiho)がシェアした投稿 -

そんなSuperflyの名前の意味や楽曲、これからの活躍といったさまざまな情報をご紹介します!

Superflyの本名は越智志帆

音楽ユニット『Superfly』は、大学の同じサークルに所属していたボーカルの越智志帆さんと多保孝一(たぼこういち)さんで2004年に結成。

アメリカのソウルシンガー、カーティス・メイフィールドの同名曲『Superfly』から、現在のユニット名がつきました。

2007年には、シングル『ハロー・ハロー』でメジャーデビュー。同年11月に多保孝一さんが脱退し、Superflyは越智志帆さんのソロユニットとなります。

左から越智志帆、多保孝一 2007年

左から越智志帆、多保孝一 2007年

2008年2月には、シングル『愛をこめて花束を』を発売。ドラマ『エジソンの母』(TBS系)の主題歌に採用されています。

同年5月にリリースされたSuperflyのファーストアルバム『Superfly』は、オリコンアルバムランキング1位を記録しています。

圧倒的な歌唱力が評価され、2009年にはアメリカのライブイベント『ウッドストック40周年ライブ』に出演。

『Gifts』や『beautiful』など名曲多数

Superflyの曲はバラードからソウルフルなナンバーまで幅広く、たくさんの人々に親しまれています。

ドラマの主題歌にも採用され、人気ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)に採用された『Force』や『愛をからだに吹き込んで』などが知られるように。

2013年にはベストアルバム『Superfly BEST』を発表。『ドクターX』シリーズのテーマ曲『Bi-Li-Li Emotion』やデビュー曲『ハロー・ハロー』が入った盛りだくさんの内容です。

名実共にトップアーティストの仲間入りを果たしたSuperflyは、2015年に『紅白歌合戦』初出場。『Beautiful』を歌い上げています。

また、2018年には『Gifts』を発表。『第85回NHK全国学校音楽コンクール』のために書き下ろされた曲で、全国の中学生たちがSuperflyの曲に親しむようになりました。

『Gifts』の歌詞はNHKのサイトで公表されています。

Superflyの越智志帆が病気で…

順調に活動していたSuperflyですが、2016年7月29日に公式サイトで参加予定イベントのキャンセルが発表されました。

原因は越智志帆さんの喉の不調です。正式な病気名は公表されていませんが、医師から治療を受けているとも書かれています。

これに関し、越智志帆さんは公式サイトで次のようにコメントを出しています。

いつも応援してくださっている皆様、イベント主催・関係者の皆様、この度は急な出演キャンセルによりご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。私自身もとても残念でなりません。1日でも早く、パワフルな歌声とともにステージに戻れるよう努めて参ります。

Superfly ーより引用

Superflyはイベントをキャンセルしていますが、シングル『99』や『Good-bye』はリリースされました。復帰は2017年11月15日に行われた10周年記念ライブです。

Superflyの越智志帆さんはライブ開催と復帰に伴い、公式サイトでファンに対し感謝の言葉をつづっています。

お久しぶりです。
突然の発表に驚かせてしまいました。
11月15日に、10周年記念ライブを開催することに決まりました。

10周年に入った途端に体調を崩してしまって、
色んな方にご迷惑やご心配をおかけしてしまいましたが、
集中して休養とらせていただいたお陰でとっても元気になりました。

優しく見守ってくださったみなさんに、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
少し遅くなったけれど、
10年間分の感謝を演奏を通してお届けできたらいいなと思います。

Superfly ーより引用

Superflyは2017年、『第68回NHK紅白歌合戦』に出場。名曲『愛をこめて花束を』を歌いあげ、復帰をアピールしています。

Superflyの越智志帆、結婚! 相手は?

※写真はイメージ

2018年、越智志帆さんが公式サイトで結婚を報告しました。相手はバンド『フジファブリック』のキーボード、金澤ダイスケさんです。

越智志帆さんは公式サイトで結婚について次のようにファンにコメントしました。

いつも応援ありがとうございます。
突然のご報告となりますが、私Superfly 越智志帆は、
フジファブリック 金澤ダイスケさんと結婚いたしました。
穏やかで、思いやりがあり、とってもユニークな方です。

出会って1年ほどですが、おじいちゃん・おばあちゃんになっても笑って楽しく過ごせる気がしています。
これからの毎日、嬉しい事、楽しい事、悲しい事、苦しい事、、、色んな場面があると思いますが、
陰ながらサポートしていけたらと思っております。

環境は変わりますが、今まで以上にエネルギッシュな楽曲や歌声をお届けしたいと思っておりますので
楽しみにしていてください。

突然のご報告で驚かせてしまいましたが、温かく見守っていただければ幸いです。

これからの皆さんの毎日に、幸あれ!

Superfly 越智志帆

Superfly ーより引用

Superflyの現在・これから

Superflyは2019年6月にシングル『Ambitious』をリリースしました。ドラマの主題歌になったタイトル曲のほか、映画『プロメア』主題歌として採用された『覚醒』も入った名盤です。

さらに、Superflyから2019年11月シングル『フレア』が発売されました。朝の連続テレビ小説『スカーレット』のテーマソングとして耳慣れた曲です。

2020年1月には6番目のアルバム『0』がリリース予定。『Ambitious』『フレア』『覚醒』そして『Gifts』が入ったお得なアルバムとなります。

Superfly プロフィール

本名:越智志帆(おちしほ)
生年月日:1984年2月25日
出身地:愛媛県今治市(旧朝倉村)
身長:153㎝
所属事務所:44 CARAT

2004年に『Superfly』結成。大学で知り合った越智志帆と多保孝一のユニットで、2007年にシングル『ハロー・ハロー』でデビューするが同年多保孝一が脱退。越智志帆のソロユニットとなる。ファーストアルバム『Superfly』がオリコンランキング1位を取るなど歌唱力が高く、米ライブイベント『ウッドストック40周年ライブ』に参加した。2016年に喉の不調でイベントをキャンセル、2017年に復帰。翌2018年に『フジファブリック』のキーボード金澤ダイスケと結婚した。


[文・構成/grape編集部]

出典
Superflysuperfly_shihoSuperfly - 愛をこめて花束をSuperfly - ForceSuperfly-Gifts(Music Video)@Superfly_staffSuperfly-フレア(Music Video) NHK連続テレビ小説「スカーレット」主題歌

Share Tweet LINE コメント

page
top