grape [グレイプ]

小日向文世の若い頃ってどんな感じ? 昔と現在の写真を比べてみると…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

小日向文世の若い頃ってどんな感じ? 昔と現在の写真を比べてみると…

俳優として活躍している小日向文世(こひなた・ふみよ)さん。

その抜群の演技力で、多くの人から支持されています。

そんな小日向文世さんの若い頃と現在の写真を比べてみました!

小日向文世の若い頃の姿に驚き!

1977年に、『オンシアター自由劇場』に入団した小日向文世さん。

1996年に同劇団が解散するまで数々の舞台に出演し、中核的存在として活躍しました。

解散後は、映像の世界にも活動の幅を広げ、2001年にはドラマ『HERO』(フジテレビ系)に出演。同作で末次隆之事務官役を演じ、注目を集めます。

同年の小日向文世さんの写真がこちらです。

小日向文世の若い頃ってどんな感じ? 昔と現在の写真を比べてみると…

小日向文世 2001年

以降は、ドラマ『木更津キャッツアイ』(TBS系)や『天才柳沢教授の生活』(フジテレビ系)、『僕の生きる道』(フジテレビ系)、『オレンジデイズ』(TBS系)、『太陽と海の教室』(フジテレビ系)、『緊急取調室』シリーズ(テレビ朝日系)、『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)、『メゾン・ド・ポリス』(TBS系)、大河ドラマ『風林火山』(NHK)、『真田丸』(NHK)、連続テレビ小説『まれ』(NHK)など、数多くのドラマに出演。

こちらの写真は、2002年放送のドラマ『天才柳沢教授の生活』の制作発表に出席した際の小日向文世さんです。

小日向文世の若い頃ってどんな感じ? 昔と現在の写真を比べてみると…

ドラマ『天才柳沢教授の生活』制作発表 小日向文世 2002年

また、小日向文世さんは、映画『スウィングガールズ』や『いま、会いにゆきます』、『銀のエンゼル』、『タッチ』、『ALWAYS 三丁目の夕日』、『20世紀少年』シリーズ、『アウトレイジ ビヨンド』、『清須会議』、『ミックス。』、『マスカレード・ホテル』、『アルキメデスの大戦』など、多数の映画でも魅力的な演技を見せています。

小日向文世の若い頃と変わらぬ現在の姿に「素敵!」「ダンディー」

2020年10月現在、小日向文世さんはインスタグラムやツイッターの公式アカウントは持っていませんが、出演した作品の公式SNSにたびたび登場しています。

最近では、2020年6~9月にかけて放送されたドラマ『MIU404』(TBS系)や、同年10月放送開始の『危険なビーナス』(TBS系)に出演。

それぞれの公式SNSでも、小日向文世さんの現在の姿を見ることができます。

小日向文世さんの年齢は、2020年10月現在、66歳。

現在も昔と変わらず素敵な姿を見せており、ファンから「ダンディー」「笑顔が好き!」といった絶賛の声が多く寄せられています。

小日向文世さんのこれからの活躍も応援しています!


[文・構成/grape編集部]

出典
mdp_tbs2019confidenceman_jp@confidencemanJPmiu404_tbs@kikenna_venusFATHER'S CORPORATION

Share Tweet LINE コメント

page
top