grape [グレイプ] entertainment

京本政樹は若い頃から美しい 「そりゃ息子がジャニーズ入る」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

俳優やタレント、歌手など、マルチに活躍している京本政樹(きょうもと・まさき)さん。

数々の舞台やテレビドラマ、映画で高い演技力と衰えぬ美しさを発揮しています。

そんな京本政樹さんの若い頃の活躍や現在の姿をご紹介します!

京本政樹の若い頃が気になる!

京本政樹さんは1979年にテレビドラマ『車輪の一歩』(NHK)で俳優デビューしました。

その後、同年に放送された大河ドラマ『草燃える』(NHK)や1981年放送の時代劇『銭形平次』(フジテレビ系)といった数多くの作品で経験を積み、1985年の時代劇『必殺仕事人V』(テレビ朝日系)で殺し屋・組紐屋の竜役に抜擢されます。

京本政樹さんはこの役をクールに演じ切り、注目の的に。同作をきっかけにさらにファンを増やしました。

以降、俳優としてさまざまな作品で存在感を発揮。

また、テレビドラマや映画だけでなくバラエティ番組などにも出演し、新たなファン層を獲得しています。

京本政樹、三田寛子 1988年

京本政樹、三田寛子 1988年

京本政樹の現在は?

京本政樹さんは2021年7月現在、インスタグラムを利用していませんが、共演者や出演作のアカウントに登場することがあります。

投稿を見た人は若い頃と変わらぬ姿に驚愕!「どうして老けないの?」「かっこいい」といったコメントを寄せています。

それでは、その美しさをご覧ください!

※画像は複数あります。左右にスライドしてご確認ください。

京本政樹さんの活躍から今後も目が離せません!


[文・構成/grape編集部]

出典
nayu.jp_149cmjunichi_komoto0407shihori_kanjiyashiiran1012

Share Tweet LINE コメント

page
top