ぞっとする…タバコをやめた後、体が元に戻るまでを描いたアニメーション

出典:YouTube

駅前や街中を歩いていると、タバコを吸っている人をよく見ます。身内に喫煙者がいる方も多いのではないでしょうか。

厚生労働省は、成人喫煙率の調査結果についてこう述べています。

現在習慣的に喫煙している者の割合は、19.3%である。性別にみると、男性32.2%、女性8.2%であり、男女ともに10年間で減少傾向にある。

厚生労働省国民健康栄養調査 ーより引用

年々徐々に減ってきているとはいえ、それでも国内で多くの人が喫煙をしてることが分かりますね。

よく「喫煙による体の変化」は話題になりますが、「タバコをやめた後」の体についてはあまり聞くことがありません。

そんな、タバコをやめた後の体の変化を描いたアニメーションが話題になっています。

タバコをやめた後、体は…。

20分後

最初の変化は意外に早いです。まず、血圧と脈拍が正常になり、手足の体温が上昇します。

17944_011

出典:YouTube

8時間後

血液内のニコチン濃度が93.25%減少。

12時間後

半日でやっと、血液内の酸素濃度と、一酸化炭素濃度が通常値に。これによって注意力が上がったり、睡眠の質が良くなっていきます。

17944_022

出典:YouTube

24時間後

タバコの禁断症状がピークに達すると同時に、体内からニコチンが排除されます。

48時間後

喫煙によってついた肺の中の傷やタバコのゴミが消え、神経終末が修復を始めます。そして、嗅覚と味覚が正常に戻ります。

17944_044

出典:YouTube

72時間後

ついに、体内のニコチンが100%消えます。ここでやっと、タバコの禁断症状から徐々に解放されていきます。

17944_033

出典:YouTube

2週間後

血液循環と歯の黄ばみや強度が、非喫煙者と同等レベルにまで改善。

2~4週間後

ストレスや不安も消え、リラックスした精神状態に。

2週間~3ヶ月後

心臓発作のリスクが下がり、肺機能も向上します。

17944_066

出典:YouTube

9ヶ月後

肺が綺麗になり、体を動かしても息切れの症状がなくなります。咳の回数も減少。

1年後

ここでやっと1年。心筋梗塞や心疾患のリスクが半分になります。

17944_055

出典:YouTube

5~15年後

ついに5年が経過しました。脳卒中のリスクが非喫煙者と同等にまで回復。

10年後

タバコをやめて10年。喫煙による肺ガンのリスクが30~50%減少し、死亡のリスクも半分になります。

17944_077

出典:YouTube

17944_088

出典:YouTube

15年後

冠動脈性心疾患や心臓麻痺、歯が抜け落ちるなどといったリスクが非喫煙者と同等に。

そして20年後

ここまできてようやく、体は完全にタバコによる害から解放されます。

17944_099

出典:YouTube

さて、共に体の変化を追ってみて、あなたはどう思いましたか?タバコの害から完全に解放されるまで、なんと20年もの時間を要するのです。

タバコは吸っている本人だけではなく、周りの人たちにも影響を及ぼします。また、女性の場合は出産する赤ちゃんの体に病気をもたらす可能性もあります。

タバコを吸っている方や、身近に喫煙者がいる方…この動画を見て、何を感じましたか?

出典
Quitting Smoking Timeline最新たばこ情報|統計情報|成人喫煙率(厚生労働省国民健康栄養調査)

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop