grape [グレイプ] entertainment

志穂美悦子の若い頃は? 俳優引退後の現在は何している?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

女優として活躍していた志穂美悦子(しほみ・えつこ)さん。

現在は俳優業を辞め、別の業界で活躍しているようです。

そんな志穂美悦子さんの若い頃と現在の様子についてご紹介します!

志穂美悦子の若い頃は?

志穂美悦子さんは1973年に俳優・千葉真一さんが設立した『ジャパンアクションクラブ』に所属し、アクション俳優として注目を集めます。

数々のドラマや映画で経験を積んだ志穂美悦子さんは、1974年に空手をメインにしたアクション映画『女必殺拳』で主演に抜擢されます。

同作は大ヒットしたことからシリーズ化され、同年に『女必殺拳 危機一髪』、1975年に『帰ってきた女必殺拳』、1976年に『女必殺五段拳』が公開されました。

志穂美悦子 1976年

そして、1979年からスタートしたドラマ『噂の刑事トミーとマツ』には、主人公の姉というメインの役で出演。劇中では毎回見事なアクションを披露し、視聴者を魅了しました。

志穂美悦子の現在の姿が気になる!

志穂美悦子さんは1987年に歌手の長渕剛さんと結婚し、芸能界から引退。

その後、家庭に入り、子育てに専念しています。

そして2010年からフラワーアーティストになるべく修行を開始。2021年現在、プロのフラワーアーティストとして活躍しています。

そんな志穂美悦子さんは2021年9月現在、インスタグラムを利用していませんが、ツイッターやブログを通じて近況を報告しています。

時にはラジオ番組などで元気な声を聞かせてくれることも。

これからも志穂美悦子さんの第2の人生を応援していきたいですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@Etsucona

Share Tweet LINE コメント

page
top