grape [グレイプ] trend

涙を流す女性患者 「ありがとうございます」に続く言葉が薬剤師の胸に刺さる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

入院中、病気を治療してくれた医療関係者には感謝しかありません。

退院する際、お世話になった医師や看護師にお礼を伝える人は多いでしょう。

退院するある患者は、医師に頭を下げてこう話します。

「山田先生、お世話になりました」

しかし、その様子を離れたところで見て、心がざわついている1人の男性がいました。

患者の治療にあたった薬剤師です。

薬剤師は、何を思ってその光景を見ていたのでしょうか…。

薬剤師も患者の治療にあたるチーム医療の最前線にいる一員です。

しかし、医師や看護師とは違って、名前で呼ばれず職種で呼ばれることが多いという薬剤師。

葛藤を抱えながら、患者のためにと仕事に向き合っていると、薬剤師は、患者からのひと言で気付きました。

「呼ばれ方よりも、誰かの想いにきちんと向き合えているのならいい」ということを…。

薬剤師は、医師たちと協力しながら薬の提供などを行う専門家。

医師には話せなかった患者の想いを聞いたり、医師が話していなかったことを伝えたり、患者に寄り添うエキスパートです。

ただ頼まれた薬を処方するだけではありません。それぞれ異なる悩みを抱える患者のためにできる限りのことを尽くす薬剤師は、医療チームになくてはならない存在でしょう。

薬剤師は、患者の希望をつなぐ仕事。

中外製薬も、医療チームと同じ気持ちで働きたいとメッセージを送ります。

動画内で流れている曲『Tender Love』は、アーティストの絢香さんが歌っており、このWebムービーのためにオリジナルで書き下ろしたもの。

絢香さんは、中外製薬からの「医療関係者、患者さんやその家族にも希望を抱いてもらうための歌にしてほしい」という依頼を受けたといいます。

自身の持病の治療などでお世話になった医療関係者への深い敬意と、力をもらい続けている感謝を込めて作ったそうです。

コロナ禍でも多くの人に寄り添ってきた、薬剤師をはじめとする医療関係者。

中外製薬は、医師と看護師の仕事に注目した動画も制作しています。

治療方法に悩む患者に向き合った医師は、日常の中で大切なことに気付きます。

患者に寄り添い続け、支える看護師は、母親のある言葉を忘れられませんでした。

医師、看護師、薬剤師、それぞれが1人では成り立たず協力して患者の治療にあたるチーム。

誰一人かけてはならない医療チームに、心からの感謝とエールを送りたいですね。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top