grape [グレイプ] entertainment

深津絵里は現在どうしてる? 「朝ドラ後が知りたい!」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

俳優として活躍している深津絵里(ふかつ・えり)さん。

高い演技力と美しさで、年齢問わず多くの人から支持されています。

そんな深津絵里さんの現在や若い頃について、さまざまな情報をご紹介します!

深津絵里の現在は?朝ドラでヒロインを演じ、話題に

深津絵里さんは2018年に上演されたNODA・MAP第22回公演『贋作 桜の森の満開の下』で夜長姫を演じました。

『贋作 桜の森の満開の下』深津絵里さんインタビュー

2020年1月には、テレビ東京開局55周年特別企画・新春ドラマスペシャル『最後のオンナ』(テレビ東京系)に出演。

同作では、おかき屋の老舗『皆川堂』の社長・皆川雄一郎の娘、皆川小百合役をコミカルに演じています。

新春ドラマスペシャル『最後のオンナ』

そして、2021年度後期の連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK)で2代目ヒロイン・雉真るい(きじま・るい)役に抜擢されました。

2021年度後期放送の連続テレビ小説 第105作「カムカムエヴリバディ」は、ラジオ英語講座と共に歩んだ3人のヒロインが紡ぐ100年のファミリーストーリーです。

初代ヒロイン・安子(上白石萌音)の娘として生まれた二代目ヒロイン・るい(深津絵里)の物語は、昭和37年の大阪から始まります。

“自分らしく自由に生きていきたい“と願い、岡山を飛び出し、舞台は大阪の街へ、そこでるいはジャズに出会い、個性あふれる面々との出会いの中で新しい物語がスタートします。

今回、二代目ヒロイン・深津絵里演じる“るい”をとりまく大阪編の出演者の方々が決まりましたので、お知らせいたします。

NHK ーより引用

深津絵里さんは出演決定を受けてこのようにコメントしています。

深津絵里さんコメント

この作品でしか出会えないような、めちゃくちゃ素敵なキャストの皆さんと

昭和30年代の大阪を一緒に生き抜いていくことができるなんて。

楽しみで、楽しみで、楽しみで。待ちきれません。

大変な時代の中育ててくれた母のこと、ずっと見守ってくれた岡山のみんなの思いを胸に

藤本さんの素晴らしい脚本をきちんとお届けできるよう、一生懸命務めさせていただきます。

NHK ーより引用

深津絵里さんが連続テレビドラマに出演したのは13年ぶりのこと!

多くの人が変わらず美しいビジュアルと高い演技力に圧倒されていました。

週刊誌『女性自身』によると深津絵里さんは、撮影現場に台本を持ち込まないといいます。

そのため、『カムカムエヴリバディ』の撮影でもリハーサルの段階からすべてのシーンのセリフや立ち回りを頭に叩き込み、収録に臨んでいたそうです。

2022年4月1日に放送された情報番組『あさイチ』(NHK)では、3代目ヒロインを演じた川栄李奈さんが出演し、深津絵里さんとのエピソードを語る場面が。

川栄李奈さんは、「現場で深津さんが劇中歌を歌ったところ、監督やスタッフみんなが涙していた」と明かし、「役者として尊敬している」と熱く語っていました。

『カムカムエヴリバディ』は高視聴率を記録し、放送終了後、多くの人が『カムカムロス』に陥りました。

そんな中、同作の総集編が2022年5月4日に放送。

本作を見ていない人でも楽しめる編集が施されており、視聴者から「大満足な番組だった」「ロスが解消された」といったコメントが寄せられたそうです。

深津絵里が出演するCMに「現在を反映している…」

深津絵里さんは、JR東海が2022年1月16日から放映しているテレビCMに出演しています。

JR東海|TVCM『会うって、特別だったんだ。』(60秒ver.)

同作のキャッチフレーズは『会うって、特別だったんだ』。

コロナ禍の中、深津絵里さん演じるビジネスパーソンが出張に行く様子をリアルに描いたこのCMに、「現状を反映している」「なんだか感動した」といった反響が寄せられています。

実は1988年にも、JR東海のテレビCMに出演していた深津絵里さん。この時は『会うのが、いちばん。』というキャッチコピーのもと、キュートな演技を披露していました。

時を超えて繋がった2つのCMが、多くの人の心を揺り動かしています。

深津絵里のこれまでの活躍は?

深津絵里さんは1988年に映画『1999年の夏休み』でデビューしました。

その翌年には映画『満月のくちづけ』に出演。この作品で『第9回ローマ国際ファンタスティック映画祭』最優秀主演女優賞を受賞しています。

さらに、1996年に公開された映画『(ハル)』では主人公を演じ、『第20回日本アカデミー賞』優秀主演女優賞を始め、数々の賞に輝いています。

また、深津絵里さんはテレビドラマでも活躍しており、1997年からシリーズ化されている『踊る大捜査線』(フジテレビ系)ではヒロインの恩田すみれ役に抜擢され、さらにファンを増やしました。

ほかにも、1998年に放送されたテレビドラマ『きらきらひかる』(フジテレビ系)では主演を務め、自身の代表作の1つになっています。

これからも輝き続ける深津絵里さんから目が離せません!


[文・構成/grape編集部]

出典
『贋作 桜の森の満開の下』深津絵里さんインタビュー新春ドラマスペシャル『最後のオンナ』2020年1月6日(月) 夜8時放送|テレビ東京@asadora_bk_nhkNHK_PRJR東海|TVCM『会うって、特別だったんだ。』(60秒ver.)女性自身

Share Tweet LINE コメント

page
top