grape [グレイプ]

歌丸師匠が『笑点』引退!「さみしい」「お疲れ様でした」の声が続出!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:(C)ORICON NewS inc.

1966年から始まった笑点が、2016年5月15日の放送回で50周年を迎えます。

夕方のお茶の間に笑いを届け、多くの方に愛され続けてきた同番組。放送開始時より出演していた桂歌丸(79)師匠が、勇退を発表しました。

5月22日の生放送が最後の出演になるとのことです。

寂しいけれど、お疲れさまでした!

5月15日に放送される「笑点50周年記念スペシャル」の収録に参加した歌丸師匠は、収録後に大喜利メンバーと会見に出席しました。

昨年6月に腸閉塞の手術で入院し、移動に車いすを使うなど体調が思わしくなかった歌丸師匠は、引退の理由を「体力の限界」とコメント。

以前にも笑点の司会業について質問された時に、「そろそろ引退を考えている」と発言し、引き際を意識しているのでは?と注目を集めていました。

正式な引退発表を受け、ネット上には「寂しいけれど、お疲れ様でした」の声が溢れています。

  • 子どもの頃から歌丸さんが出ていたので、本当に残念です。お疲れさまでした。
  • とうとう…お疲れさまでした。円楽さんの歌丸さんいじりがもっと見たかった。
  • 品のある笑いができる人。番組を引退しても長生きしてください。
  • 寂しさが大きけど年齢や体調には逆らえない。お疲れさまでした。
  • 50年って凄い。後は長生きして芸を伝えてほしいです。

また、長年歌丸師匠と共に歩んできた笑点メンバーは、涙ながらに次のようなコメントをしていました。

六代目 三遊亭円楽さん

司会者席で、死ぬまでやってくれればよかったのに。迷惑をかけたって…。これからも師匠の背中を見ていきます。もっと勉強しろと叱ってほしい。

林家木久扇さん

男っぽい人だなって、本当に驚きました。司会が本当にお上手で、後に誰ができるのかなんて思い浮かばない。

山田隆夫さん

引退されるのは本当に寂しい。これからは体に気を付けて長生きしてください。

今後、歌丸師匠は終身名誉司会に就任、今のところ笑点の後任司会者は決まっていないそうです。

歌丸師匠、50年間という長い間、笑いをありがとうございます!本当にお疲れさまでした!

出典
(C)ORICON NewS inc.

Share Tweet LINE コメント

page
top