grape [グレイプ]

普通の同居と何が違うの?気になるけど今さら聞けない『二世帯住宅』のこと

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

皆さんは『二世帯住宅』というと、どんなイメージを持っていますか?

「ちゃんとお互いのプライバシーを守れるのかな?」
「私の親とか、友人とか呼びにくいのかな?」
「自分たちのペースで暮らせる?」

二世帯住宅を検討する時、こういった不安を持っている方が多いようですが、実はそんなことないんです。

今さら聞けない!『二世帯住宅ってどんな家?』

21510_01

一般的な同居の場合、1つの家で親世帯も子世帯も一緒に暮らし、キッチンやトイレ、お風呂などが共用になる場合があります。その際、親世帯と子世帯で生活リズムの足並みを揃える必要があり、帰宅時間やご飯やお風呂のタイミングなどで気を遣うことも多いようです。

21510_02

二世帯住宅の場合、キッチンやトイレなどの水廻りは2つずつ取ったり、家族がくつろぐリビングは別々にしたりすることができます。また間取り次第で玄関からでないとお互いの部屋に入れないようにすることもできます。

そのため、お互い気を遣わず、プライバシーを保ちながら、それぞれの生活リズムを維持することができるんです。

不安解消!失敗しない二世帯住宅セミナー

『二世帯住宅』にはどんなメリットがあるの?

21510_03

二世帯住宅をオススメするのは、親にも子にもしっかりしたメリットがあるからです。

子世帯にとってのメリット

  • 子育てサポートを親世帯にしてもらえる安心感。
  • 親世帯の協力があるから共働きもしやすく、経済的なゆとりが生まれる。
  • 親との同居は、礼儀正しく育つなど子どもにも良い影響。
  • 土地の評価額が8割減になり、相続税が軽減出来る場合もある。

親世帯にとってのメリット

  • 子世帯は仕事や子育て、家事に忙しいので手助けしやすい。
  • 孫と過ごすことができ、毎日の生活によい刺激や張り合いが生まれる。
  • 家族全員の資産計画や相続、子世帯と協力して税金を少なくしたり、何かと経済的。
  • 子世帯が一緒に住んでいれば、何かあってもそばにいるから安心。
21510_04

遠方に住んでいると、なかなか会いにいけないし、何かあった時が大変。

二世帯住宅なら、間取り次第で独立性を保ち、親世帯も子世帯も互いにメリットのある形で同居出来るんですね。

二世帯住宅のことがもっと知りたくなったら

『二世帯住宅』はお互いにとってちょうど良い暮らし方ができる、新しい同居の形です。旭化成ホームズ(へーベルハウス)の二世帯住宅研究所は、40年に渡る研究を元に、二世帯住宅のことが気になる方向けにセミナーを開催しています。

息子夫婦との同居か、娘夫婦との同居かで、心配や悩みも違いますし、それぞれの家族構成によって、間取りも変わってきます。

21510_05

セミナーでは、良好な関係を築くコツや、二世帯住宅を建てる時のポイントを聞くことができます。実際に住んでいる方々の事例をもとにした、二世帯で仲良く暮らしていくヒントやノウハウは必見です。

また『親本』『子本』『実例集』『二世帯住宅という選択』という、二世帯で上手に暮らすコツがわかる4冊もプレゼントしていますよ♪

21510_10

親や子との同居や、将来の生活について考えている方、選択肢の一つとして「二世帯住宅」のこと、考えてみませんか?

住まいまるわかりセミナー2016夏
6月18日(土)ベルサール東京日本橋4階
10:30〜16:45

詳しくはこちら
不安解消!失敗しない二世帯住宅セミナー

Share Tweet LINE

page
top