grape [グレイプ]

母を襲った突然の痛み 家族に気付かれないよう必死に耐える…その病の正体とは

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

家族の誰かが、たったひとりで病魔と闘っているとしたら、あなたはすぐに気付いてあげることができるでしょうか。

平穏な毎日に、突然やってきた病。互いの思いがすれ違う中、あるきっかけで希望を見出し絆を深めていく、家族のストーリーをご紹介します。

突然母を襲った、謎の『痛み』

21687_02

ある朝、水に触れた指の感覚に違和感を感じる母。朝ごはんの準備にとりかかるも、手がこわばって思うように動かず、お皿を割ってしまいます。

21687_03

娘はそんな母の異変に気付かず、慌ただしい朝の苛立ちを母にぶつけてしまいます。父も気にするそぶりすら見せません。

21687_04

本当だよ…。痛くてうまく動かせないの。

心配をかけたくないが故に、手の痛みを家族に打ち明けられない母。自分が苦しい時、家族に理解してもらえない孤独…心の中で叫ぶのが精いっぱいでした。

21687_10

自分の身に何か異変が起きている…そう自覚しながらも、こっそりと湿布で痛みを散らし、やり過ごす毎日。

家族の前では必死に平静を装っていた母ですが、突然の痛みに手を滑らせお茶を落とし、娘に火傷を負わせてしまいます。

彼女の身をむしばむ病気とは、そして家族の絆はどうなってしまうのか…続きは動画をご覧ください。

早期治療で光が

お母さんの患った病気は関節リウマチ。自己免疫疾患のひとつです。

免疫に異常が生じて自身の細胞や組織を攻撃してしまうことで関節が炎症を起こし、軟骨や骨が破壊されて、放っておくと関節が変形してしまう病気です。

現在、この病気の患者は日本に70万人以上いると言われ、30~50歳代の女性に多く発症するそうです。

21687_13

最初は、「朝、手がこわばって動かない」「関節が腫れて、痛くてだるい」といった症状が表れ、関節を動かさなくても痛みが生じるのが特徴です。

かつては「打つ手がない病気」とされていましたが、今は医学の進歩により、早期発見、治療ができれば希望をもつことができる時代になりました。

本人にしか分からない痛みだからこそ、我慢せずに専門医で受診する勇気をもつこと、またその家族の理解とサポートが重要になってきます。

21687_14

この動画は、関節リウマチ早期発見の啓発を目的として作られたものです。

ストーリーの要となるのが、関節リウマチ患者への応援ソング『With A Wish』。映画『あずみ』の主題歌などを歌う奄美大島出身のシンガー、我那覇(がなは)美奈さんが動画の企画段階から携わり、想いを込めて歌い上げています。

ところでこの動画、家族や医者の口の動きがだんだん歌詞にシンクロしていくことに気付きましたか?気になった方はもう一度動画で確認してみて下さいね。

Share Tweet LINE

page
top