grape [グレイプ]

あの日、言えなかったひと言。故郷を離れていた娘が父に伝えた言葉とは…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

東京の大学へ進学するため、高校を卒業すると同時に地元を離れて、そのまま東京で就職した女性。

彼女は、婚約者となった男性を紹介するため、実家へと向かう電車に乗っていました。

駅のホームに仲の良さそうな父娘がいたのを見かけて、複雑な表情をしてしまいます。

22628_01

「お父さんと、ちゃんと話すの、いつぶりだろう...」

小さい頃は、父が大好きで、出掛ける時もご飯を食べる時もいつも一緒。

22628_02

でも、高校に入った頃から、父のことを避けるようになっていました。

「もう、ほっといてよ!」

雨の日に、駅まで迎えに来てくれた時も、そう言って突き放したことを思い出します。

22628_07

お父さんのおせっかいがイヤで、父を避けるようになっていたのです。

父とまともに話せないまま、娘は逃げるように東京の大学へ進学し、地元を離れてしまいました。

22628_04

それから数年。懐かしい駅のホームで、久々に顔をあわせる父と娘は、どんな表情をみせるのでしょうか。

顔を合わせたら、なんて言えばいいんだろう。

憂鬱な気持ちのままなのに、電車は地元の駅へと着いてしまいます。

しかし、昔と変わらずに優しい父の顔を見たら、自然と言うべき言葉が出てきました。

22628_05

当たり前にある毎日には、普段は気付かないけれど大切なモノがつまっています。

それに気づくことができれば、遠く離れてしまっても、心をつなぐことが出来るのかもしれないですね。

特設サイト

Share Tweet LINE

page
top