grape [グレイプ]

「大丈夫。」まもなく挙式を控える花嫁と母のやりとりが、心あたたまる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

自分がどれだけたくさんの人に愛されていたのか…結婚式ほど、そのことに気付かせてもらえる機会はないかもしれません。

26545_08

そんな幸福感に満たされる一方で、無事に式を終えることができるかという緊張感や、新生活への不安、両親と離れる寂しさなど、言葉にならない様々な感情に溢れる1日でもあります。

挙式当日を迎えた、大島優子さん演じる花嫁。彼女のそんな複雑な想いに気付いたのは、やっぱり“あの人”でした。

いつもそばにいてくれて、ありがとう

徳島から上京して、5年。

大学の同窓会で再会した彼と、3年の月日を経てついにこの日を迎えた彼女。

26545_02

ずっと憧れていたウエディングドレスに身を包んだ自分の姿を見て、嬉しさがこみ上げます。

でもその一方で、本番が近づくにつれてだんだん広がっていく緊張と不安…。

26545_03

「大丈夫。どこから見ても、綺麗な花嫁さん。」

そんな彼女の気持ちにすぐ気付いたのは、誰よりも自分のことを理解し、見守ってくれていた、母でした。

26545_04

仕事に夢中で身体が疎かになりがちな時、寂しくなって実家に戻りたい時…。

まるで見計らったように、地元の野菜や果物、ぬいぐるみなど、小さい頃から慣れ親しんできたものを段ボールいっぱいに詰めて送ってくれた母。

26545_07

「お母さんのおかげやね。私の肌のこと、いつも気にしてくれてたから。」

その荷物の中に、毎回当たり前のように入っていたのが、いつも実家のお風呂にあった『ミノン』。

生まれた時から毎日そばにあって、生活の一部となっていた『ミノン』は、遠い故郷にいる母と自分を繋いでくれる、大切なものでした。

26545_10

晴れの日に、こうして潤った美しい肌でドレスに袖を通すことができるのは、いつも自分を気にしてくれていた母のおかげ。

日々の生活を大切にする…そんな当たり前だけど忘れてしまいがちな大切なことを、母はいつも遠くから教えてくれていました。

26545_09

こうして無事、晴れて最愛の人と結ばれた彼女。でも、この日を迎えるまで、紆余曲折があったようです。

26545_06

そんな、上京から結婚までの日常が描かれた過去5作品が、特設サイトで見ることができます。

彼とのちょっとしたケンカや、久々に帰省した実家でのやりとりなど、何気ない描写がとてもリアルで、思わず自分を映してしまうかもしれません。ぜひチェックしてみて下さいね。

Share Tweet LINE

page
top