grape [グレイプ]

「夢、持ってなきゃダメ?」若者に強烈なメッセージを送る動画が、胸に刺さる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

多くの人が新しい生活を始める春…。若者の中には、親元を離れて上京するなど、大きな環境の変化を迎える人も多いでしょう。

新しい学生生活とともに、新しい可能性が拡がる一方、不安や悩みを持つこともあるはず。

「何か成し遂げたいけど、何をしていいかわからない」
「夢はあるけど、本当にこのまま進んでいいのか」
「自分らしさって、なんだろう?」

そんな、がむしゃらにもがく若い人たちの姿を映した動画を紹介します。

若者から人気を集める音楽ユニット『水曜日のカンパネラ』のミュージックビデオなども担当した、山田智和監督によるシネマティックな映像…。その中には、悩む若者たちへ贈る『生き方のヒント』が隠されています。

核心を突いたナレーションに注目

動画の中では、個性豊かな若者たちが登場。黒板を数式で埋め尽くしたり、夜の街に繰り出したり、髪を青く染めたり…。

それぞれ全く違う人生を送っている彼らを繋げているのは、動画に流れているナレーションです。

自分のやりたいことを思いっきりやれる。
違う。可能性なんて無限じゃない。

その言葉は、登場人物すべてが共有する『心の葛藤』。頭の良さそうな男の子も、イケてる女の子も、決して自信に満ち溢れているわけではないのです。

それでも彼らは、その不安を表に出さず、まっすぐ進もうとしています。それは『心の葛藤』にひとつの答えを導き出したからです。

その答えは、悩んだり考えたりするのは一度やめて『夢中になる』こと。

それぞれの若者の生き様を1分間に凝縮した動画は、新しい生活を迎える若い人たちへのエールだったんですね。

もっと、夢中になれ

この動画はマイクロソフト Surface から、若者たちに贈られたエール。Surface の機能は『夢中になること』を応援します。

タブレットとしてもノートPCとしても使えて、持ち運びもしやすいのに、中身はデスクトップPCに負けないほどパワフル。ペンを使えば、自然な書き心地で画面に直接書き込むことも。メモ取りはもちろん、イラスト作成も自由自在です。

直感的に使える Surface を操っていると、夢中になって開発した技術者の姿が思い浮かびます。きっと夢中になろうとしている若者の味方になってくれるはず。

夢中になれること、その連続の先にしか未来はない。

この動画が訴えるメッセージを胸に、春から始まる新しい生活に『夢中になって』みませんか?


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top