grape [グレイプ]

「キレキレかよ!」Perfume『踊ってみた』、挑戦したのは意外なあの人たち

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

踊るグループは数あれど、独自の楽曲によりハイセンスで息の合ったパフォーマンスを見せてくれるテクノポップユニット『Perfume(パフューム)』。

そんな彼女たちが、ダンスの域を超えて、『つかめそうでつかめないあるもの』を全身で表現している映像が話題を呼んでいます。

こちらはPerfumeの新曲MVショートver.『「Everyday」-AWA DANCE edit-』。

ダンスのテーマは洗濯機に搭載の独自機能『泡洗浄』の『泡』。公開から1週間で再生回数200万回を突破している人気ぶりです!

プロスポーツ選手が、ダンスを踊ってみたら!?

この勢いに乗るかたちで、PerfumeのダンスをサッカーJリーグ・ガンバ大阪の選手たちが『踊ってみた』に挑戦! すると、サッカー選手とは思えないパフォーマンス力を見せてくれました。本物に引けを取らない出来栄えに驚きます!

登場するのはガンバ大阪の遠藤保仁・東口順昭・倉田秋選手。そしてジャパンラグビートップリーグ・パナソニックワイルドナイツの山田章仁選手とパナソニック洗濯機の担当社員です。

プロスポーツ選手である彼らですが、ダンスというのは別フィールド。しかし、全くそれを感じさせないキレキレな動きは、普段のたゆまぬ努力から生まれたものなのでしょうか。

サッカー選手であれば、美しくフィールドを駆けまわるための足の筋肉。ラグビー選手であれば、ボールをパスするために鍛え上げられた腕の筋肉。

さすがプロスポーツ選手!その鍛え上げられた体をいかんなく発揮して、ダンスもすぐに習得できたようですね。

と、思いきや

実はこの映像には仕掛けがあったのです。

キレキレのダンスは最新技術によるもの

こちらの映像はパナソニックとのコラボレーションで作られました。

選手たちが披露したキレキレの踊りには仕掛けがあって、3Dモーションキャプチャなどライゾマティクスリサーチによる最新の映像技術を駆使して、Perfumeと同じ舞台で、同じ振付を完璧にコピーして踊る演出をしています。

選手の他にも、パナソニック洗濯機の担当社員たちも参加し、『Team Panasonic(チームパナソニック)』としてダンスを成功させました。

パナソニックの洗濯機に搭載されている独自機能の『泡洗浄』と、『たたき洗い』『もみ洗い』『押し洗い』など洗い方にまつわる振付を取り入れて、ダンスで表現していたのです。

振付を担当したのは、Perfumeの振付を長年担当するMIKIKO先生。

Perfumeのメンバーは、今回のダンスに関してインタビューでこう答えています。

あ~ちゃん「コンテンポラリーっぽいというか。不思議なところもありながら、少し懐かしい感じのダンスも入っていたりして。サビは軽快だよね」

のっち「セットが可愛かった~」

かしゆか「私はまさに、洗濯機をリニューアルしたいです。このタイミングで、今回のお話をいただいたのは運命というか(笑)」

三者三様の答えが。しかし彼女たちには『泡』を体で表現するのもお手の物で、楽しんで撮影にのぞめたようです。

このダンスの振付のパターンは全部で8個もあるので、あなたも踊りながら答えあわせをして楽しんでみてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top