留守番を頼まれた愛猫 「ちゃんとできる」と自分にいい聞かせるも?

漫画家の桜井海(@sakurai_umi_)さんがTwitterで公開している『おじさまと猫』。

孤独な猫『ふくまる』と、優しいおじさまとの心温まるふれあいを描き、人気を博しています。

ふくまるのお留守番

ある日、おじさまの様子がいつもとは違うことに気付いたふくまる。

どうやらおじさまは出かけるようですが…。

「ここはふくまるのおうち」

「パパさんが帰ってくるおうちにゃん」

さびしさに胸が張り裂けそうになっていたふくまるは、おじさまの笑顔を見て「自分の居場所はここだ」ということを再認識します。

孤独ではない自分に気付き、心が満たされたふくまる。温かいエピソードに、多くの人がコメントを寄せました。

  • ふくまる、大丈夫。おじさまはちゃんとふくまるの元に帰ってくるよ。
  • 窓にいるふくまるを見て、おじさまは「ふくまるのために早く帰らなきゃ」って思うんだろうなぁ。
  • 出かける際に愛猫を置いていく瞬間が1番切ないもの。本当は連れていきたいもんね。

少しずつ、確実に『信頼関係』を築いていくおじさまとふくまる。

お留守番はさびしいけれど、その分、おじさまが帰ってきた時はいっぱい甘えてね、ふくまる!

桜井海さんの和風な作品も要チェック!

桜井海さんの単行本『神とよばれた吸血鬼』全6巻が現在発売中です。

土地神として働く吸血鬼の主人公を中心に、賑やかで個性豊かな神様たちが登場します。愛らしい狛犬たちも、要チェックです!


[文・構成/grape編集部]

出典
@sakurai_umi_

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop