grape [グレイプ]

「お母さん、なにしてるかな」そう思った時にひらめいた『贈り物』

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

そういえばお母さん、元気にしてるかな。

日々の生活を送っているなかで、ふとお母さんのことを思い浮かべたとき、あなたはどうしますか。特に母の日が近づいてくると、普段よりもっとお母さんのことを考えてしまいますよね。

「最近会っていないし、急に連絡をとるのも照れくさい。」そう思ってしまい、結局、何もできなくなってしまう人も多いはず。

でも、本当は大切なお母さんと話すきっかけを作りたい。そんな時のヒントになる動画をご紹介します。

おいしいものが大好きなお母さんへ

実家を離れ、ひとり東京で暮らす主人公。おいしいものを食べていると、彼女はついお母さんのことを思い出します。

なぜなら、彼女のお母さんはくいしんぼうで、おいしいものが大好きだから。いつもおいしい料理を作ってくれて、「おいしい!」というと、自分の分まで分けてくれました。

そんな優しいお母さんを思い浮かべていたら、「そうだ!」と、あるアイディアを思い付きました。お母さんのために、彼女は何をすることにしたのでしょうか。

感謝の気持ちを詰め合わせて

くいしんぼうのお母さんを喜ばせるために、彼女が思いついた『贈り物』…。それには大好きなお母さんへの想いがこもっていました。遠く離れていても、こんなにも想い合うことができるなんて、とても素敵ですね。

この動画は、日本郵政グループが、独特なタッチのアニメーションで、母と子の温かいストーリーを描いたものです。

大切な人を思い浮かべたら、想いを伝える良いチャンス。いつも自分のことを想い続けてくれたお母さんのために…母の日が近づいたら、感謝の気持ちを詰め合わせた贈り物を、送ってみませんか。

作画:メゼリー・イルカ
ルーマニア生まれ、ハンガリー・ブダペスト在住イラストレーター。 ハンガリーの美術大学、Moholy-Nagy University of Art and Design Budapest(MOME)に在学中より本の挿絵を中心に活動し、多くの書籍出版に関わる。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE