grape [グレイプ]

そんな風に使ってるの!?若者たちのLINEの使い方が興味深い

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

片思いをしている時、両想いになれた時、別れを選んだ時…。恋をしていると、歌詞やメロディに気持ちを重ねて聴きたくなる音楽ってありますよね。

これまであなたの恋愛には、どんな曲が寄り添ってくれていたでしょうか。

学校からの帰り道、街が一望できる坂道で、音楽を聴いていたこちらの女子高生。すると突然、気になる男子からLINEの通知が。

メッセージを読んではにかんだ彼女は、思わず…!

女子高生のピュアな片思いに胸きゅん!

女優・浜辺美波さんが演じる女子高生は、彼からの突然のメッセージにドキっ。あまりの嬉しさに、イヤホンで聴いていたMONGOL800の『小さな恋のうた』の鼻唄を歌ってしまいます。

そして、気持ちの高まりと共に楽曲もサビに入ると大熱唱!抑えきれない彼への想いを叫ぶように、気持ちよく歌声を響かせます。

高校生のリアルな恋を描いたこちらの動画は、LINE MUSICが公開したもの。

高校を舞台に繰り広げられる、若者たちの不器用でいじらしい片思いに、懐かしさがこみ上げてくるかもしれません。

歌は苦手だったけど、大きな声で歌ってみたら想像以上に気持ちよかったです。

そう振り返る浜辺さん。美しい景色の中で、切ない思いを歌詞に込めて歌い上げるさわやかなシーンは必見です!

女子高生の3人に1人が!?若者に広がる新しい文化

恋が楽しくて切ないのは、いつの時代だって変わりません。でもそんな中で、いまの若者たちの『コミュニケーション』は少しずつ多様化してきているようです。

近年、学生を中心に音楽はただ『聴く』ものではなく、歌詞やタイトルを使って会話をするなど、気持ちを『伝える』ツールに変化してきています。

また、LINEプロフィール上で好きな音楽をBGMとして設定して、自己表現をしたり、相手の好みを知ったりと、音楽でつながる文化が生まれているのだとか。

今回、「新生活と音楽に関する意識調査」(※)を実施したところ、LINEプロフィールについてこんな興味深い結果が。

「LINE交換の際に、相手のプロフィールをチェックするか」という質問に、高校・大学生の約6割が「チェックする」と回答。

さらに、女子高生の3人に1人が、月に1回以上プロフィールやカバーアイコンを変更男子高生の5人に1人が、月に1回BGMを変更していることが分かりました。

若者にとって、LINEプロフィールは自分をアピールする重要な存在のようです。

恋だけではなく、友達づくりも音楽で!?

特に若者にとって、新しい出会いや別れなど、コミュニケーションの機会が増える春。

高校・大学生がこの春やりたいことの第1位が、「交友関係を広げたい(76.7%)」という結果に。

また、友達になりたいと感じるのは「音楽のツボが合う人」という回答が64.2%。さらに、同じ歌手が好きだとわかると、9割以上の人が「イメージアップする」と答えたそうです。

共通で好きな音楽やアーティストがいると一気に仲が深まるなど、彼らにとって音楽は友達づくりに欠かせないツールになっているのかもしれません。

落ち込んでいる時に励ましてくれたり、勇気が出ない時に背中を押してくれたり。音楽は、いつだって私たちの心に寄り添ってくれるもの。

気になるあの人の好きな音楽を聴けば、なおさら元気をもらえそうですよね。

あの人はどんな音楽が好きなのかな…そんな時は、LINEプロフィール画面のBGMをこっそりチェックしてみてはいかがでしょうか。


  • (※)「新生活と音楽に関する意識調査」概要
  • 調査地区:全国
  • 調査手法:インターネット調査
  • 調査対象:15~59歳の一般男女1242人(うち高校生208人、大学生208人)
  • 調査実施月:2018年3月

[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top