grape [グレイプ]

「犬は絶対、自分を人間だと思ってる」 理由がひと目で分かる『1枚』がコチラです

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

※ 写真はイメージ

私たち人間にとって、愛猫や愛犬は家族そのもの。日常生活を送るにあたり、なくてはならない存在です。

そんな猫や犬にまつわる『あるある』…中でも飼っているからこそ分かる『とっておき』をご紹介します!

猫あるある

まずは、猫にまつわる『あるある』なエピソードをどうぞ。

猫用のハウスは、ただの飾り

飼い主が奮発して買った、可愛くて機能性抜群の猫用ハウスやベッド。なのに、猫ときたら知らんぷり。

それもそのはず…猫が何よりも愛しているのは、段ボール箱なのですから!

人間は『踏み台』

猫にとって、人間はまあまあ愛着のある『踏み台』。油断して寝転んでいるところに、高い場所から勢いよく飛び降りてこられても、文句はいえません。

呼吸が止まりかけるほどの痛みを誰にも訴えられぬまま、飼い主は心の中で涙を流すのでした。

飼い主の私物=猫のオモチャ

飼い主が「手を出してほしくない」と思っているものにこそ、猫のセンサーは鋭く反応!

棚に置いてある物をのきなみ払い落とされ、お気に入りのソファめがけて元気よくツメを立てられたとしても、私たちは叱れません。なぜなら…。

猫がいるのに、大切な物をそこらへんに置いている人間が、全部悪いから!

ちょっぴり困る時もありますが、それ以上に猫との生活は楽しくてワクワクとした刺激に満ちたもの。大切なペットと共に、幸せな時間を過ごしたいですね。

大切な愛猫や愛犬との楽しい暮らしがずっと続くように…

提供:SBIいきいき少短のペット保険 詳しくはこちら

犬あるある

続いて、犬にまつわるありがちなエピソードをご紹介します!

確実に自分を『人間』だと思い込んでいる

夕飯時に始まった、自宅での焼肉パーティー。肉の焼ける音が聞こえたとたん、犬はイスに飛び乗り、こう訴えてくるのです。

「僕はもう準備万端ですけど、まだですか?」

『10年ぶりの再会』レベルに喜ぶ

毎日、大好きな飼い主が帰宅する時間になると…運転する車の音を聞きつけて、玄関へ猛ダッシュ!

「自動車ディーラーの従業員ばりに、車種を把握しているのでは…」と思わしき反応に、笑いがこみ上げますね。

お出かけは大好き、病院は大嫌い

お出かけとなると、とたんにテンションが上がって飼い主をせかし始める犬。しかし、行き先が病院と知るやいなや…態度は急変!

ガタガタと分かりやすく震えだしたり、地面にへばりつくようにして抵抗を試みたりするのでした。

犬と猫、共通の『あるある』

みなさんはどの『あるある』にうなずきましたか。犬と猫、それぞれの特徴を紹介しましたが、どちらにも共通でいえることは…。

飼い主のピンチには、いつもそっとそばに寄り添ってくれる。

家庭内の雰囲気を、ペットは敏感に感じ取るもの。家族同士でケンカしてギクシャクしていたり、悲しみに暮れていたりすると、察してそばに寄ってくることがあります。

強い絆で結ばれたペットと長い時間を過ごす中で、一緒にたくさんの喜びや幸せを共有できたら素敵ですね!

家族である愛猫や愛犬と安心して暮らすために…

提供:SBIいきいき少短のペット保険 詳しくはこちら

※記事内の写真はすべてイメージ


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top