grape [グレイプ]

「スゴすぎ!」「全然気付かなかった」ナイナイ岡村の『3か月の変化』に絶句

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

バラエティ番組やラジオなどで引っ張りだこのお笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史さん。

メディアで見ない日はないほど活躍されていますが、近ごろ彼の身に『ある変化』が起きていたことにお気付きでしょうか。その答えは、こちらの動画で明らかになります。

ひそかに薄毛に悩み続けていた日々

頭髪治療専門クリニックを展開する『Dクリニック』のCMに出演した岡村さん。クリニックの先生に扮する矢部さんに、薄毛を相談する患者として登場していますが、実は岡村さん自身もずっと薄毛に悩み続けてきた1人なのだとか。

そして今回、実際にDクリニックで薄毛治療を受けていくうちに、本来の自信を取り戻したそうです。インタビュー動画の中では、薄毛に悩んでいたころの自分、治療の感想など、赤裸々に語っています。

薄毛治療をしてみて…

僕の場合、反応がすごくよくて、3か月でぶわーっと増えてきました。「あ、きたな!」って。

薄毛治療を進めていく中で、どのくらい発毛してきたのか、実際に頭皮の状態を見せてもらえるので、自信になったとか。

治療に通うたびに変化していく自分の姿に、クリニックの帰り道は足取りも軽かったようです。

以前は、趣味のダイビングも心から楽しめなかった

海から上がってきた時の髪がすごくて、「こんなんなってんねや」っていう…。

夏になるとよく石垣島などでダイビングを楽しむという岡村さん。でも、水に濡れた髪の状態を上で待っているダイバーさんに見られるのが恥ずかしく、海から上がってくるのが怖かったと振り返ります。

ダイビングで写真を撮ってもらっても、自分の姿を見たくなくて受け取らなった岡村さんですが、いまでは人の目がまったく怖くなくなったそうです。

僕の頭にメッシが入ってくれた!

本当に先生にいっていただいた言葉なんですが、「僕の頭の上にメッシがいないんだ」「これからメンバーとして頭にメッシを入れます」と(笑)。

初診の際は、頭皮をサッカーのフィールドに例えるなど、笑いを交えながら先生が分かりやすく説明してくれたそうです。「あの得点王のメッシ選手が入ってくれるなら勝てそう」と妙に安心できたと語ります。

頭の写真を撮るのが恥ずかしかった初日

薄毛のことは薄毛になった人にしか分からないので。可能性があるならチャレンジしてみるべきだと思いますよ。

クリニックに行く初日は「誰かに会ったら嫌だな…」と不安でいっぱいだったという岡村さん。頭皮の状態を上から写真で撮る時はやはり恥ずかしかったとか。

でも数か月経過していくごとに、以前の写真を見て「これ僕でした!?」と驚き、いまでは自分に自信が持てるようになったそうです。

昔の自分と同じように薄毛に悩む男性たちに対して、「絶対行ったほうがいい。何もしなければ変わらないから」と岡村さんは力説します。

朝起きるたびに枕に落ちた髪の毛にギョッとしたり、エスカレーターに乗っていると後ろから視線を感じたり…。薄毛に悩んでいる時は周りの目を気にしてソワソワしてしまいがちです。

髪の毛に自信が持てるようになると、岡村さんにように、仕事や趣味など、毎日がイキイキと楽しめるようにかもしれませんね!


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top