grape [グレイプ]

卓球で打ち合う窪塚洋介と斎藤工 実はこの場所…「まじか!」「羨ましすぎる」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

ドラマや映画など、数々の作品に出演し、独特な存在感を放つ個性派俳優・窪塚洋介さん。中でも、窪塚さんといえば、卓球をテーマに描かれたあの名作映画を思い浮かべる人も多いかもしれません。

この度、窪塚さんが17年ぶりに卓球で真剣勝負をする様子を描いた動画が公開されました!気になる対決の相手とは…。

華麗なスマッシュ、健在!

いくぞ、くらえっ!

窪塚さんが演じるヨースケの繰り出すダイナミックなサーブに応戦する相手は、斎藤工さんが演じるたくみ。2人の決闘は熱を帯び、まるで卓球映画のワンシーンのような激しい打ち合いが繰り広げられていきます。

イケメン2人の熱い試合にくぎ付け!でもその一方で、なんだか妙に気になることが…。

「キャッ!」「ふぁいっ!」「わっ!」

たくみがレシーブをするたびに発する、女の子のような謎の奇声のおかげで試合に集中できません!それでもヨースケは、全力のスマッシュを打ち込み、見事にポイントを獲得。

「どんなもんじゃーい!」とガッツポーズをしながらドヤ顔を見せつけます。ここからたくみの逆転劇が始まる…かと思いきや。

「やばい、昼休み終わりだ」「また遊びに来るわ」

なんとこの場所は、たくみが働く不動産会社のオフィスだったのです!ヨースケは、たくみの昼休みに卓球をしにオフィスへ遊びに来ていたのでした。

こちらの動画は「仕事探しはIndeed♪」でおなじみのIndeedが公開したもの。たくみのシュールさと、映画の主人公を思わせるヨースケの躍動感ある卓球シーンなど、Indeedらしいユニークな世界観に仕上がっています。

男女6人を中心に展開するIndeedの新CMシリーズは、日常生活の中で仕事について考えたり、仕事に関する新しい発見を得たりする姿をストーリー仕立てで描いています。

動画の中では、その時々での仕事や働きかたに関する気づきや関連情報が、Indeedの検索窓に"検索キーワード"として登場。新しい仕事の探しかたの一例を紹介しています。

今回の動画では、最後に出てくる検索窓で「オシャレな職場」と文字が打ち込まれている通り、たくみのオフィスは、ワークスペースの横に卓球エリアが設置されているという、スタイリッシュな職場でした。

Indeedで検索すれば、あなたが憧れる理想の職場と出会うことができるかもしれません。

懐かしの卓球姿に、撮影スタッフも大興奮!

撮影現場では、終始和やかな雰囲気で収録が行われました。「球なしのピンポンなら得意なんだけどな(笑)」という窪塚さんの言葉に、スタッフたちの中で笑いが起こる場面も。

本番に入ると、窪塚さんは17年ぶりというダイナミックなサーブやスイングを披露して、「おー懐かしい!」と現場を沸かせました。

スーツ姿の斎藤さんとのラリーシーンでは、窪塚さんのアクロバティックなスマッシュに返球しながら、斎藤さんが甲高い声をあげて笑いを誘います。

斎藤さんをはじめ、撮影現場にいるスタッフたちは、映画のワンシーンを思い出して大盛り上がりでした。

働く環境を変える『転職』について、窪塚さんと斎藤さんはこんな風に語っています。

窪塚さん:
昔でいう「一歩踏み出す」、いま風にいうとアップデートみたいなことが大事だと思います。アップデートしたい自分を想像するとキリがなくて、頭で考えると悪いように考えちゃいます。『心』が闘いのリングに上がって、『頭』はそれをサポートするセコンドのように使えばいいと思う。情熱やハートが常にリングに上がっていられるようにしていたいです。

斎藤さん:
僕らの仕事って、現場ごとに転職していくような感覚があります。僕の能力で一番頼りにしているのが"順応性"で、人にはリカバリー能力が備わっていると思います。環境を変えるのは怖いかもしれないですけど、自分を拡張していくチャンスでもある気がしますね。

いつだって変化を楽しみながら、新しい分野に挑戦し続けるおふたりの姿に、勇気をもらいます。IndeedのCMの中で、ヨースケとたくみたちがこれからどんな展開を見せてくれるのか、ますます楽しみですね!


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top