grape [グレイプ]

80%以上の子供が「おいしい」の声 西友が開発した簡単『野菜料理』とは?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

・一生懸命作ったのに、残されて悲しい。

・野菜はとにかく刻んでハンバーグに混ぜ込むしかない。

・どうしたら、野菜を食べてもらえるんだろう…。

多くの家庭で悩みの種となっている子供の『野菜嫌い』。

ネット上でも、子供になんとか野菜を食べてもらおうと苦心する声が数多く上がっています。

日々の食卓で、子供に野菜のおいしさを知ってもらえると、嬉しいですよね。

80%の子供が支持した『野菜料理』とは

スーパーマーケットチェーンの西友は、野菜嫌いの子供とその親に向けた新規プロジェクト『KIDS LOVE VEGETABLES』を開始。

幼稚園児113人に西友のオリジナル野菜料理を試食してもらい、「80%以上の支持を得られる野菜料理はどれか」を検証しました。

子供たちから「おいしい」の声がたくさん聞けたレシピとは…。こちらの動画をご覧ください。

動画では、料理家・黄川田としえさん監修の下、約3か月の期間をかけて開発した6品の野菜料理が登場。

レシピ開発の際は「忙しい家庭でも簡単に作ることができる」「子供たちが野菜をおいしく食べられる」ことを意識したといいます。

検証では、幼稚園に集った子供たちがワンスプーンの料理を食べ「おいしかった」か「まずかった」かをそのスプーンを投票券にしてジャッジしました。

野菜料理が配られると、匂いをくんくん嗅ぐ子や、ワンスプーンを前に固まる子も…。

素直な子供の反応に、レシピを開発した黄川田さんもドキドキしながら見守っています。

そして審査の結果、6品中なんと5品の野菜料理が目標の80%以上の支持を得ることができました!80%に届かなかった1品も支持率78%と大半の子供はおいしく食べられたようです。

中でも支持率97%と一番人気だったレシピは『にんじんと胡麻の炊き込みご飯』。すりおろしのにんじんとすり胡麻、鰹節、調味料を一緒に炊き込んだご飯で、冷めてもおいしく、お弁当にもぴったりなのだそう。

今回開発された野菜料理は、2019年11月5日より西友の全店舗でレシピカードとして配布されるほか、一部店舗では試食コーナーも設置しています。

またウェブの特設ページでもレシピ動画で作り方を詳しく紹介。気になる人は、ぜひチェックしてみてくださいね!


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top