grape [グレイプ]

30周年のZARDとコラボレーション 時間と空間を超えた音楽体験に驚き!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

時代が変わっても愛され続ける音楽。

音楽の楽しみ方は時代の流れとともに変わってきているなか、映像と同時に音にも近づける『音のVR』という新しい音楽視聴を体験できるアプリが登場しています。

新音楽視聴体験『音のVR』

この『音のVR』では、360度の好きなパートを画面上でピンチアウト(拡大)すれば、映像と同時に、その歌声や楽器の音色にも寄って視聴することができるのです。

今回、30周年を迎えるアーティスト『ZARD』とコラボレーションし、『音のVR』でZARDバーチャルライブが実現。

新たに収録したZARDのライブバンドメンバーの演奏と、坂井泉水さんの映像とのスペシャルセッションを、バーチャル空間で楽しむことができます。

アプリ内で公開されたのは、ZARDの楽曲セールス1位の『負けないで』と、2位の『揺れる想い』の2曲。

また、ZARDのトリビュートバンド『SARD UNDERGROUND』が披露する『眠れない夜を抱いて』も配信されています。

実際に、体験してみました!

ファンも興奮の新感覚『音のVR』

360度の動画を拡大したり、縮小させたりすることで好きな『音』に近寄ることができる『音のVR』。

例えば、坂井さんの歌声をよりよく聞きたい場合は、坂井さんの映像を中央にスワイプして拡大すると、息づかいまで感じられるかのようです。

また、間奏部分でギターの音をよく聞きたい場合は、その場面でギターの映像を中央に移動させることによってギターの音が際立って聞こえます。

自分がまさにその音楽空間を独り占めするかのごとく、自由に映像と音の拡大縮小を操作できるのは、これまでにない音楽の楽しみ方でした。

実際に体験をしていたZARDのファンの声を聞いてみると、通常の音楽視聴とは違う感覚だったようです。

【ファンの声】

それぞれのパートの声が聞こえてとてもよかったです。ボーカルのところは、ほとんど生歌に近かったです。

ライブに行ったことがあるのですが、その時と似た感覚でした。パートごとに聞こえるのでよりライブ感があり、だいぶ音が違いました。

また、ZARDデビュー当時からのファンで、SARD UNDERGROUNDのファンでもある人は、バンドメンバーが好きだからこその気付きがあったといいます。

【ファンの声】

好きなメンバーを見てられるところがよかったです。音がいいし、従来の動画とは違って、自分で好きなポジションで見られるのがいいですね。

最前列でライブを見たことがありますが、会場では席が決まって動けません。でも、これだと自分が好きな位置に移動して、好きなメンバーを見られるのがとてもよかったです。

iOSでは『音のVR』のアプリをダウンロードすれば、5G対応のスマートフォンではなくても誰でも楽しむことができます。

iOSのみ対応アプリ:新音楽視聴体験 音のVR

5GやKDDIの先端テクノロジーを体感できる『GINZA 456』では2020年10月31日より、最新のiPhoneと次世代通信5Gによる『音のVR』の体験イベントを開催しています。

実際に5Gで『音のVR』を体験してみると、サクサク視聴できてストレスを感じませんでした。

新iPhoneと5Gによる、新しい音楽視聴体験を『GINZA 456』で体験してみてください。

【音のVR視聴】

一部のKDDI直営店や山野楽器の店舗でも、『音のVR』の体験コーナーが設置される予定です。

期間:2020年11月4日~9日(※期間限定)
実施店舗:山野楽器支店5店舗(仙台店、たまプラーザ テラス店、そごう大宮店、そごう千葉店、イオンモール鶴見緑地店)

期間:2020年11月下旬予定
実施店舗:KDDI直営店7店舗に順次設置(au SENDAI、au SHINJUKU、au IKEBUKURO、au UENO、au NAGOYA、au OSAKA、au FUKUOKA)


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top