grape [グレイプ]

本人を前に『誇張モノマネ』をするお笑いタレント 対する中島美嘉の対応が素敵すぎた

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年10月26日に放送されたバラエティ番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)に、歌手の中島美嘉さんが出演。

目の前で自身の『誇張モノマネ』を披露したお笑いタレントへの対応に、称賛の声が上がっています。

お笑いタレントが、中島美嘉本人を目の前に…?

デビュー20周年を迎えた中島さんを掘り下げる企画を行った、同番組。

中島さんは、ライブのMCについてや休日の過ごし方、自宅の照明などを次々と公開していました。

その後、中島さんのモノマネをしているという、お笑いタレントの大納言光子さんが登場。

トップバッターを務めた大納言光子さんは、「『雪の華』でどんどん貞子になっていく中島美嘉」と、いわゆる『誇張モノマネ』を披露することを宣言したのです。

しかし、直後に天井を見つめる大納言さん。あまりの緊張で「歌詞が飛びました」と慌てている様子でした。

その姿を見た中島さんは、すかさず笑顔でこう問いかけます。

あ、サビですか?

しゃべくり007 ーより引用

中島さんは、どこが分からなくなったかをヒアリングした上で、歌い出しの歌詞を大納言さんに教えたのです。

その後、落ち着きを取り戻した大納言さんはモノマネを披露。

中島さんは、終始手で口を抑えながら笑って見た後で「楽しかったです」と、大納言さんのモノマネを公認しました。

その時の感謝の気持ちを、大納言さんはTwitterにこうつづっています。

中島さんのとっさのフォローに、視聴者からは称賛の声が寄せられました。

・中島さん、なんていい人!大納言さんへの対応が素晴らしかった。

・すかさず気付いて歌詞を教えてあげたのが本当に優しい!

・自分の歌い方を誇張するモノマネなのに、終始笑って見ている姿も素敵でした。

歌い方や話し方のクセを誇張されたモノマネに対し、不快な感情を抱く人は少なからずいるでしょう。

『誇張モノマネ』を披露するお笑いタレントに優しく接し、ネタを笑顔で公認した中島さんの人柄に、多くの人が魅了されました。


[文・構成/grape編集部]

出典
しゃべくり007

Share Tweet LINE コメント

page
top