grape [グレイプ]

たかまつなな「芸能界はセクハラの温床」 自身の体験を語り、大御所に釘を刺す

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2019年1月13日放送のバラエティ番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、HKT48・指原莉乃さんへの松本人志さんのセクハラ発言が問題になりました。

番組で、NGT48・山口真帆さんが暴行被害を受けた事件について特集していた時のこと。

運営の落ち度が話題に上がったことから、指原さんに「アイドルの環境を改善してほしい」という期待が出演者から寄せられました。

すると、松本さんが指原さんに向かって「お得意の身体を使ってなんかするとかさ」と発言。多くの批判が寄せられました。

指原さんのフォローで、松本さんへの世間の追及は収まりを見せています。

しかし、いまでも松本さんの発言を疑問視している人たちはいるようです。

芸能界のセクハラの多さに驚いた、たかまつなな

フェリス女学院出身のお嬢様お笑い芸人として活動している、たかまつななさんが、松本人志さんのセクハラ発言についてブログで言及。

「お嬢様学校出身の私にとって、芸能界はセクハラの温床だった」という一文から始まる記事を投稿しました。

ブログ内で、たかまつさんは芸人のセクハラについて次のように語っています。

芸人になってすぐにセクハラの多さに驚いた。芸歴20年ぐらいの先輩が、芸歴3年目の女芸人の胸をもんでいた。(挨拶がわりに、お酒の席、カラオケでたくさん見た)そんな時に見て見ぬふりをするのが嫌で。「週刊誌に売りますよ!」と言って携帯を出す。とか笑いで制止することはできる。

たかまつななオフィシャルブログ ーより引用

「笑い」をはさむことで、衝突を避けながらセクハラを制してきた、たかまつさん。指原さんの対応を取り上げ、次のように複雑な胸中をつづっています。

「松本さんが干されますように」とtwitterで指原莉乃さんが発言した件。「よく噛み付いた」「オチをつけた」意見が別れる。どちらからも嫌われないよう確信犯的に指原さんがやってるから凄い。けどなんか違和感。両者の捉え方の溝は深い。交わらない気がする。女芸人の私は、どちらの感覚も分かるから悲しい。こうやって社会は分断されていくのかな。。

たかまつななオフィシャルブログ ーより引用

指原さんがTwitterに投稿した「松本さんが干されますように」という言葉は、読み手によって冗談とも本気とも受け取ることができます。

松本さんに対して本気で怒ってほしい『セクハラ否認派』のほか、セクハラ発言を「仲のいい2人だからこそ通じるコミュニケーションの1つ」ととらえている『セクハラ容認派』の心もつかむ絶妙なコメント。

それを認めつつ、たかまつさんはセクハラをとらえる感覚の違う両者が、一般的には理解し合えないことを述べました。

たかまつさんは、似た例として「お笑い芸人のイジリ芸」を挙げ、『否認派』と『容認派』がいることを語っています。

差別をなくそうとしすぎると、自虐ネタも許されず、沈黙の社会が訪れる。女芸人には、ブスと言われて「おいしい派」と「怒る派」がある。ブスと言われて、報われる人もいる。自分のコンプレックスや短所を笑いに変えた瞬間の喜びは大きい。でも、嫌な人を執拗にいじるのは違う。(私はおいしい派)

たかまつななオフィシャルブログ ーより引用

イジリやセクハラ発言などは、受け取り手によって意味が変わります。

『否認派』と『容認派』のどちらの意見も知るのは大切なこと。

ですが、受け手が『否認派』の場合は、『容認派』の人が「あれは問題のあるセクハラではなかっただろう」と意見を押し付けてはいけません。

たかまつさんは、松本さんを含めた芸能界の先輩たちに釘を刺すように、続けてこう述べました。

「笑い」という名のもと、何でもやって言い訳ではない。大御所が言ったから許されることは絶対にない。

たかまつななオフィシャルブログ ーより引用

最後に、法律や就業規則などの「ルール」で対抗する重要さも訴えた、たかまつさん。

嫌なことを訴える人の声が、尊重される社会になることが望まれてるのかもしれません。


[文・構成/grape編集部]

出典
たかまつななオフィシャルブログ

Share Tweet LINE コメント

page
top