grape [グレイプ] entertainment

「なぜこの理由が今まで出てこなかったのか」 黒木瞳、聖火ランナー辞退理由に反響

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2021年2月以降、聖火ランナーを辞退する芸能人が相次いでいます。

これまでに辞退を表明したのは、お笑いコンビ『ロンドンブーツ1号2号』の田村淳さんや俳優の斎藤工さんや常盤貴子さん。

また、スポーツ界からは浅田真央さんや、囲碁・将棋界では棋士の藤井聡太二冠もまた辞退を表明しています。

辞退の理由は人によってさまざまではあるものの、田村さんの場合は、五輪の開催よりも新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の事態の収束が重要とする考えによるものでした。

なお、ほかの辞退者の多くは、スケジュールの都合を理由にあげています。

黒木瞳、聖火ランナーを辞退 理由に「ど正論」の声

そんな中、同年3月23日には、俳優の黒木瞳さんが聖火ランナーを辞退したことが明らかに。辞退理由が、反響を呼んでいます。

多くのメディアが報じた、黒木さんの聖火ランナー辞退のニュース。産経ニュースでは、辞退の理由をこのように報じています。

新型コロナウイルス対策で沿道の密集回避が求められる中、参加による影響を懸念したという。

産経ニュース ーより引用

芸能人が聖火ランナーを行えば、多くの人がひと目見ようと、沿道に集まるであろうことは容易に想像できます。

事実、芸能人ではないものの、2021年の箱根駅伝では、密集回避が叫ばれていたにもかかわらず、多くの観客が沿道に集まり、疑問視する声が寄せられていました。

黒木さんは、自身の影響力や参加することによってできてしまう密集を懸念したのでしょう。

多くの芸能人があげるスケジュールの都合でもなく、また五輪に対する想いでもない辞退理由は反響を呼び、「本当にその通り」「なぜこういう辞退理由が今まででてこなかったのか」といった声も上がっています。

・辞退を表明した人の多くは、聖火ランナーを務めることでのイメージ低下を避けている気もする。

・これまで聞いた辞退理由の中で、至極真っ当なものな気がする。ど正論。

・本当にその通り。自分の都合ではなく、周囲への影響を配慮するあたりが素晴らしいです。

いまだに事態の収束の兆しが見えない、コロナウイルス。五輪が本当に開催されるか否かはさておき、コロナウイルスの脅威をまだ身近に感じる今、人が密集する環境は作り出すべきではありません。

黒木さんの辞退理由に、芸能人としての『責任感』を感じた人は多くいたようです。


[文・構成/grape編集部]

出典
産経ニュース

Share Tweet LINE コメント

page
top