grape [グレイプ] hobby

高橋留美子の『超人スケジュール』にネットざわつく 「どういうことなの」「次元が違う」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

『うる星やつら』や『めぞん一刻』、『らんま1/2』、『犬夜叉』など数多くの名作で知られる、漫画家の高橋留美子さん。

2021年6月1日に、スタッフの運営するアカウントが立ち上げられました。

大御所の漫画家がアカウントを新設したことにより、国内外から大きな反響が上がっています。

高橋留美子の『1日のスケジュール』が超人と話題に

アカウントでは、新設を記念して同月1~15日に高橋さんへの質問を募集しています。

新設した初日、スタッフは1年前に寄せられた読者からの質問に対する回答を掲載。高橋さんの1日のスケジュールを公開しました。

その内容に、ネットはざわつきました。なぜなら、高橋さんのスケジュールはあまりにもハードだったのです…。

個人差はありますが、一般的に大人の睡眠時間は1日6~7時間が理想とされています。

しかし、高橋さんのスケジュールを見てみると…2日間でたったの3時間しか寝ていないことが分かります。

仕事の合間に読書や休憩は取っていますが、まとまった睡眠時間はとっていない様子。また、ハードスケジュールでも家事をこなしています。

『超人』という言葉がふさわしい高橋さんのスケジュールに、ネットからは驚く声が上がりました。

・い、一体どういうことなんだ…。人間の生活リズムではない。

・このハードスケジュールから数々の名作が生まれたと思うと、感謝しかないです。

・心から漫画を描くことが好きじゃないと、こなせないスケジュールですね。

中には高橋さんの睡眠不足を心配する声も多く寄せられ、スタッフは後に「昼寝や、うたた寝もしています」と情報を付け加えています。

また、ここで紹介した『作画期間』は1週間のうちの2日半であるため、毎日この生活をしているわけではないそうです。

2021年6月現在も、雑誌『週刊少年サンデー』で『MAO』を連載している高橋さん。

毎週掲載される漫画には、高橋さんの熱意や努力が詰まっていることが分かります。


[文・構成/grape編集部]

出典
@rumicworld1010

Share Tweet LINE コメント

page
top