ただの飾りじゃなかった!ジーンズについている小さなポケットは何のため?

1870年のアメリカで鉱夫の作業着として作られたのが始まりと言われるジーンズは、今や世界中で愛されるカジュアルファッションアイテムとなりました。

日本でも毎年、”最もジーンズが似合う有名人”にベストジーニスト賞が贈られるなど、ジーンズ=おしゃれといったイメージがありますね。2015年のベストジーニストに選ばれたローラさんもさすがかっこよくジーンズを着こなしています!

一般的なジーンズには5つのポケットがついています。前面の左右に2つと後ろの左右に2つ。そして前面の右側にとても小さなポケットがひとつあります。この小さなポケットはいったい何のためにあるのでしょうか?

18955_01

一見ただの飾りのような、使いみちのなさそうなこの小さなポケットは、実は【WATCH POCKET(ウォッチポケット)】という名前がついています。アメリカで最初のジーンズを作ったリーバイ・ストラウス社のウェブサイトにはこう説明されています。

最初のジーンズにはポケットが4つあった。後ろにひとつ、前に2つと小さなウォッチポケットがひとつ。ウォッチポケットは当初は名前のとおり懐中時計を入れるためのものだったが、この小さな袋は多くの役目を果たし、さまざまな名前で呼ばれている。ほんの2,3例をあげるとコインポケット、マッチポケット、チケットポケットなどである。

LIVI STRAUSS&CO. ーより引用(和訳)

この小さなポケットは懐中時計を入れるためのものだったのですね。ウォッチポケットはジーンズのデザインによって形や大きさはさまざまですが、小さくても立派なポケット。小銭などを入れるのに意外と良さそうです。ぜひこれからは使ってみてはいかがでしょうか。

出典
rolaofficialLIVI STRAUSS & CO.

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop