grape [グレイプ] entertainment

ポール・ウォーカーの娘が結婚 亡き父の代わりを務めたのは 「泣ける」「最高」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2013年11月30日、アメリカの俳優であるポール・ウォーカーが、交通事故で急逝しました。

カーアクション映画『ワイルド・スピード』のブライアン・オコナー役で、人気を不動のものにしたポール。

40歳という若さでの突然の旅立ちに、世界中のファンが悲しみに包まれました。

亡き父に代わってヴァージンロードを歩いたのは

ポールが亡くなった時、彼の1人娘であるメドウ・レイン・ウォーカーはまだ15歳でした。

現在22歳でモデルとして活躍するメドウは、2021年10月に俳優のルイ・ソーントン・アランと結婚。

結婚式で、亡き父親に代わってメドウをエスコートしたのは、ポールと公私ともに親友だった俳優のヴィン・ディーゼルでした。

海外メディア『TODAY』によると、ポールが亡くなった後、『ワイルド・スピード』で彼と共演した俳優たちが、メドウをそばで支えてきたのだそう。

結婚式の動画にはヴィンのほかに、映画でポールの妻を演じたジョーダナ・ブリュースターの姿もあります。

ヴィンとメドウがヴァージンロードを歩く写真には、たくさんの祝福の声が上がっています。

・ヴィンがヴァージンロードを歩いてくれるなんて、最高すぎる。

・俺は男だけど、この写真はさすがに泣ける。

・ポールは娘の晴れ姿を見て、喜んでいるだろうね。

親友であるヴィンにエスコートされてヴァージンロードを歩く娘の姿を、ポールはきっと空の上から満面の笑顔で見守っていたことでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
meadowwalkerTODAY

Share Tweet LINE コメント

page
top