grape [グレイプ] society

ノンワイヤーブラの定番『涼ブラ』 担当者が驚いた『ある使い道』とは?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

・もう少し締め付けが少なかったら…。

・ムレが気になる。

・洗濯が面倒くさい!

女性にとって必須アイテムともいえるブラジャー。毎日着用するからこそ、このような不満やストレスに感じていることはありませんか。

しかし、デリケートな話題のため、仲のいい友人や家族同士でも、下着について積極的に話したり、聞いたりすることは多くないでしょう。

そんな対面では話しづらい内容についても、活発にコミュニケーションが繰り広げられている『場所』があります。

毎日を変える『きっかけ』に

それはインターネット上で、企業とユーザー、およびユーザー同士のコミュニケーションが行われているファンコミュニティサイト『きっかけ』。

産経新聞社が提供する当サイトでは、さまざまな『今』の話題が話し合われています。

健康、食、趣味など8つのテーマに分かれており、その中の1つである『涼(すず)ブラコミュニティ』では、外では話題にしづらい下着に関する悩みについてリアルな声が寄せられていました。

『きっかけ』を利用して気付いたこと

『きっかけ』に『涼ブラコミュニティ』を立ち上げたのは、『涼ブラ』を開発した下着メーカー、株式会社フジボウアパレルです。

なぜコミュニティを開設し、どのように活用しているのか、担当者に話を聞いてみました。

※写真はイメージ

――『涼ブラ』とは?

ノンワイヤーブラの先駆けともいえる商品で、下着の締め付けやムレ、洗濯の手間などのストレスを軽減し、夏の必需品として毎日を快適に過ごしてもらう目的で開発をしました。

名前の通り、『軽い』『涼しい』『すぐ乾く』という特徴が支持され、2009年に発売して以来、売上は右肩上がりです。
特に、6~8月の夏季は飛ぶように売れており、当社の看板商品となっています。

――なぜコミュニティを開設した?

新型コロナウイルス感染症の影響で外出が控えられている中、オンライン通販の需要が高まっています。
その中で、『涼ブラ』を知っていただき、『涼ブラ』ファンを増やしたいと思い、コミュニティを作りました。
ユーザーのリアルな声を拾い上げる場としても役立っています。

――気付いたことは?

さまざまな女性の下着に関する悩みを投稿し、解決に向けてファンと話し合っています。
以前には、「ストラップが食い込みやすい」という声が多かったことを受け、ストラップの幅を太く改良しました。

たくさんの意見をいただく中で、もっとも驚いたのは『涼ブラ』が冬にも人気があったことです。
夏と冬の販売量に圧倒的な差があるので、「冬は使ってくれないユーザーが多いのではないか」と考えていたのです。
「『涼しい』という名前がいけなかったんじゃないか」と議題に上がるほど、悩みの種でもありました。

――どのような声があった?

コミュニティの意見を見ると、「『涼ブラ』を一年中使用している」という人が多数派でした。
例えば、育児中の母親が授乳ブラとして重宝していたり、急な上半身ののぼせ、ほてりなどに悩む人が体温調整に使用したりしていたのです。

近年は、女性特有の悩みを解決する技術や製品を指す『フェムテック』や『フェムケア』が注目されていますが、まさに『涼ブラ』もフェムケアの視点で一年中愛用してくれているファンがたくさんいることが分かりました。

これはコミュニティを始めなければ気付けなかったことで、我々にとって大きな発見でした。

『涼ブラコミュニティ』の意見より抜粋

『涼ブラコミュニティ』の意見より抜粋

――これからの目標は?

コミュニティの声で、ファンは通年で支持してくれているということが分かりました。
あとは我々がどのようにして、冬に『涼ブラ』をアピールできるかだと思っています。

ファンと一緒に作っていると実感できるのも、コミュニティのよさですね。

※写真はイメージ

販売量の差から、夏にのみ使用されていると思われていた『涼ブラ』。

しかし、想定していなかったニーズがあり、実は一年中愛用されていたことが分かりました。

コミュニティを始めなければ、もしかしたら商品名が変わっていたかもしれませんね。

世界が少し広がるかも?

このように生活者が、さまざまなテーマについて本音のトークを繰り広げている『きっかけ』。

毎日の生活のプラスになるようなアイディアが見つかるかもしれません。

さらに、2022年3月10日から5月31日 13時までの間、サイト内で発言をすると抽選でAmazonギフト券が当たるキャンペーンを実施中!

あなたも、この機会に『きっかけ』に立ち寄り、興味のあるテーマについて、悩みや意見をぶつけてみてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top