grape [グレイプ] lifestyle

梅雨前に対策しよう! 『カビ防止』のおすすめグッズはこちら

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

ジメジメした梅雨の時期は、カビの発生に頭を悩まされる人も多いでしょう。

キッチンやお風呂場などの水回りだけでなく、靴箱や押し入れ、布団など湿気がこもりやすい場所もきちんと対策しておくことが大切。

カビの原因となる雑菌は目に見えませんが、皮脂やホコリなどを栄養にして増殖するといいます。

カビの発生を防止するためには、湿気を取り除くこと、汚れをためないこと、空気を循環させることがポイントです。

カビ防止のために役立つおすすめグッズを厳選してご紹介します。

※この情報は、2022年5月現在の情報をもとにしています。また、商品は地域・店舗・時期により販売されていないケースがあります。

梅雨のカビ防止 おすすめグッズはコレ!

防カビ剤

カビの発生を抑えるための防カビ剤。スプレータイプや煙タイプなどたくさんのものが販売されています。

防カビ剤は、カビの細胞内部に入り込んでカビの生育に必要な機能を阻害することで、カビの繁殖を防ぐという仕組みだそう。

使用場所に応じたタイプ・機能のものを選んで取り入れてみましょう。

防カビ侍 水性タイプ 350g

Amazonで見る

塗装面や木材などにも使えるノンアルコールタイプの防カビスプレー。

次亜塩素酸ナトリウムは使っていないので、スプレー後の拭き取りは必要ありません。畳や土壁、布団などあらゆる場所の防カビに活躍します。

使い方は、事前にカビを取り、乾燥させてからスプレーをムラなく吹き付けるだけ。約12か月から年単位でカビを防止してくれるといいます。

高評価の口コミ

・家具をしっかり除菌しこのスプレーをかけたところ、今年の梅雨はカビずに乗り越えられました。

・アルコールタイプの商品よりも薬剤の匂いがきつくありません。

・徹底的に掃除した後スプレーして半年はカビませんでした。

低評価の口コミ

・事前のカビ取りが不十分だと効果がまったくありません。

ルック おふろの防カビくん煙剤 消臭ミントの香り

Amazonで見る

浴室専用の防カビ煙剤です。

カビ取り掃除をしてから水を入れた商品を浴室の中央に置くだけで、浴室全体の黒カビの原因となる菌を除菌できます。

黒カビが生えにくくなるため、大掛かりなカビ取り掃除の頻度が少なくなるのがメリット。

1~2か月ごとの定期的な使用によって防カビ効果がさらに高まります。

高評価の口コミ

・使用直後の見た目は変わりませんが、その後のカビの発生や匂いが違います。

・本当にカビができないのでカビ取りスプレーを使うことがなくなりました。

・2か月ごとに使用して2年経ちますがカビが発生しなくなりました。

・お風呂の備品やおもちゃを出す必要がないので簡単。

低評価の口コミ

・1回だけではそれほど効果を感じられない。

・ピンクぬめりには効果がありません。

バイオグッズ

バイオとは肉眼で見ることができない微生物のことで、地球上のあらゆるところで生きている生物のこと。

バイオを活用したグッズは、微生物の働きを利用してカビや臭いを抑制します。カビが発生しづらくなり掃除の回数も減る便利グッズです。

コジット パワーバイオ 押入れのカビきれい 防カビ・消臭

Amazonで見る

押し入れやクローゼットにかけておくだけで、カビの発生や臭いを抑制してくれる商品です。

新しい菌が採用され、抗菌効果がアップし、消臭効果もプラス。4か月ごとに交換することで効果をキープできます。

高評価の口コミ

・築50年の木造賃貸の押し入れにぶら下げてみたところ、翌日からカビ臭さがなくなりました。

・押し入れにこれを取り付けたら和室全体のカビ臭さがなくなりました。

・乾燥剤なしで押し入れを閉めっぱなしにしていてもカビは発生しませんでした。

低評価の口コミ

・貼り付けるための両面テープの粘着力が弱い気がします。

スターフィルター カビブロック バイオ酵素フィルター エアコン用

Amazonで見る

エアコン内部は空気中のホコリや菌、カビやウイルスが付着しやすいため、カビの発生率が高い場所。

こちらは、エアコンに取り付けるフィルタータイプのバイオ防カビ商品で、溶菌酵素の力でカビや菌、ウイルスなどの増殖を防ぎます。

静電気の力をうまく活用することでホコリや粉塵、PM2.5などもキャッチしてくれます。

高評価の口コミ

・確かにくしゃみや咳が減りました。

・ワンシーズン試してみたところ、内部にカビや汚れはありませんでした。

・エアコンのカビ臭さが軽減されました。

低評価の口コミ

・思ったより厚手で冷たい風が出にくくなる場合があります。

・エアコンの機種との相性があると思います。

除湿シート・マット

布団やマットレスの下に敷いて、カビ増殖の原因となる湿気を取り除く除湿シートやマット。気になる布団のジメジメも改善されるので睡眠の質も向上します。

天日干しすれば何度も使用できるタイプや、防カビ・防菌効果のあるタイプなどを選べばより快適に使用できるでしょう。

西川 リビング 除湿シート シングル からっと寝

Amazonで見る

敷き布団やベッドパッドの下に敷くシリカゲル入りの除湿シート。

湿気を吸収して布団を清潔に保ちます。消臭効果もあるので嫌な臭いも気にならなくなりますよ。

色が変わる吸湿センサーがあり、お手入れ時期をお知らせしてくれます。

ピンク色になっていたら、天日干しや布団乾燥機で乾燥させることで繰り返し使用できるようになります。

高評価の口コミ

・これを使用するようになってから一度もカビが発生したことがありません。

・1年半ほど使用していますがいまだにセンサーの色が変わらず、カビも生えていません。

・半日外で干しただけでセンサーが青に戻りました。

低評価の口コミ

・床に接する面に毛やホコリが付着しやすいので、こまめな掃除が必要です。

・柔軟性がなく硬いので、よく眠れません。

ドライペット 除湿剤 ふとん快適シート

Amazonで見る

布団の下に敷くことでジメジメとした湿気や嫌な匂いを吸い込んでくれる除湿シート。

湿気がたまると再生サインの色がピンク色に変わるので、天日干しで乾燥させましょう。

就寝時以外は、畳んだ布団に挟んでおいたり敷き布団と掛け布団の間に挟んでおいたりするのもおすすめ。

湿気が気になる梅雨時期だけでなく、寝汗が多い人や布団が干せない季節にも活躍するでしょう。

高評価の口コミ

・布団がいつでもさらさらで湿気がたまらなくなり快適です。

・晴れた日に少し干すだけでピンクから青に変わります。

・場所もとらず繰り返し使えてコスパがいい!

低評価の口コミ

・ガサガサした素材が私には合いませんでした。

乾燥機・除湿機

カビ防止のためには湿気を取り除くことが重要です。

ジメジメの原因となる洗濯物や寝具をカラリと乾燥・除湿できる電化製品に頼ってみてはいかがでしょうか。

除湿能力や方式、カビブロック機能があるかどうかなどに注目して選んでみましょう。

パナソニック 衣類乾燥除湿機 F-YHUX90-H

Amazonで見る

梅雨時期や冬など1年中活躍するハイブリッド方式の衣類乾燥除湿機。洗濯物の真下から送風できるので省スペースで素早く乾かすことができます。

ナノイーXにより臭いの元となる菌を除菌し、空気中の有害物質も抑制します。

高評価の口コミ

・部屋の除湿をした後はカラッとして空気も気持ちよく、買ってよかったです。

・コンパクトなのに乾燥機能が高いです。

低評価の口コミ

・音が少し気になります。

アイリスオーヤマ ふとん乾燥機ツインノズル FK-W1

Amazonで見る

コンパクトボディながらパワフルな温風が自慢の布団乾燥機。ツインノズルで布団2枚を同時に乾燥できます。

湿気を取り除き乾燥してくれるのでカビやダニの発生を抑制。布団が温まるので冬場の使用にもおすすめです。

高評価の口コミ

・冬に使用しましたが温まりが早く、布団がフカフカになりました。

・1つの乾燥機で2つの布団を温められる機能性とコスパが最高です。

・雨で濡れた靴も20分でほとんど乾きました。

低評価の口コミ

・ホースが短く感じます。

まとめ

梅雨時期の一番の悩みのタネとなる、カビの発生を防止するためのグッズをご紹介しました。

カビは湿気と気温が高い場所や汚れた場所を好むため、こまめに空気を循環させ清潔にしておくことが大切です。

使用する場所やシーンに合った防カビグッズを上手に活用して、カビの発生を抑え梅雨を乗り切りましょう。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top