grape [グレイプ] lifestyle

アシックスウォーキングのビジネスシューズがスゴすぎ! 履き心地は「ウォーキングシューズ」

By - はるの  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

ビジネスマンのフォーマルなコーディネートを、ワンランクアップしてくれるアイテムの『ビジネスシューズ』。

メーカーによって価格がピンキリで、グレードを落としすぎると職場や取引先でよくない印象を与えてしまう可能性も…。

ちょうどいい価格で、高級感があるデザインのものを選ぶなら、『アシックス』のスポーツシューズブランド『アシックスウォーキング』から登場しているものを選びましょう!

この記事では、アシックスウォーキングのビジネスシューズでおすすめのものを厳選しました。

毎日履くビジネスシューズで履き心地がいいものが、きっと見つかりますよ。

※この情報は、2022年9月現在の情報をもとにしています。また、商品は地域・店舗・時期により販売されていないケースがあります。

アシックスウォーキングのビジネスシューズおすすめ7選

[アシックスウォーキング]ランウォーク Domestic GORE-TEX 3E 61-,819,120

Amazonで見る

オーソドックスなビジネスシューズのシルエットをしていて、どこにでも履いて出かけられるデザインです。爪先はラウンドトゥタイプで、足元に優しい印象を演出してくれます。

中敷には、アシックスのランニングシューズでも使用されている素材が採用されていて、クッション性は抜群。急いで出かけなければならない時も、足を痛めることなく歩き続けられます。

また、防水性に優れた生地がビジネスシューズの内側と外側に使用されているため、雨の日も快適です。

高評価の口コミ

・非常に履き心地がよく、特に、靴底からの衝撃が皆無なので、気に入っています。

・足の甲へのストレスもなく、非常によくできた靴だと思います。

・軽くて履きやすくて動きやすく、靴底の減りも遅い気がします。

低評価の口コミ

・革質は、本革の靴と比べるとチープ感があります。

・甲の部分にひび割れのような跡がつきやすいように思いました。

・サイズ選択が難しかったです。

[アシックスウォーキング]ランウォーク Domestic GORE-TEX 4E

Amazonで見る

足の形が幅広で、なかなか履きやすい革靴と出会えない人におすすめのものが、アシックスウォーキングから登場している『4E』タイプのビジネスシューズです。

ゆったりとした履き心地で、歩いた時の足への負担を和らげてくれます。幅広の足にぴったりフィットする形状をしていながら、スタイリッシュなデザインは損なわれないシルエットをしているところも魅力的です。

また、こちらのビジネスシューズには『シューレースがないタイプ』も登場しています。アッパー部分にスリットが入っていて、楽に着脱したい人はチェックしておきましょう。

高評価の口コミ

・履きやすくて歩きやすいので、もう1足予備に欲しいです。

・防水でもあり、雨の憂うつが1つ減りました。

・履きやすさも汚れにくさも最高です。

低評価の口コミ

・選ぶのに迷うくらいもっと色々なデザインがあれば、また買いたくなると思います。

・4Eにしては細めな気がします。

・若干重めで、蒸れやすさを感じました。

[アシックスウォーキング]ランウォーク WR829T

Amazonで見る

アシックスウォーキングから登場しているビジネスシューズの中でも、人気が高いエントリーモデルです。

内羽根タイプのアッパーはシャープなシルエットで、スマートなビジネスマンの雰囲気を演出してくれます。

スニーカーのように軽い履き心地が体験できるよう、クッション性が高い中敷と、衝撃を和らげてくれる『ゲル』をかかと部分に採用。革靴とは思えないフィット感が感じられます。

高価なビジネスシューズを購入するよりも、コスパがいいものを選びたい人におすすめの1足です。予備として購入を検討してみるのもいいかもしれません。

高評価の口コミ

・ビジネスシューズとして履いていてもまったく違和感がないです。

・かかと側の入り口のところに、小さく柔らかい素材が貼り付けてあって着脱しやすいです。

・軽くて丈夫で、働いてる最中に全力でダッシュしたくなるくらい、ランニングシューズ感覚で履けます。

低評価の口コミ

・全体的にもう少し柔らかい靴をイメージしていました。

・つま先はもう少し丸いデザインのほうがいいです。

・サイズ、履き心地はいいが、足指の付け根あたりが硬いです。

[アシックスウォーキング]ランウォーク トラッド GORE-TEX 1231A054

Amazonで見る

ビジネスシューズを選ぶ時に、重要なポイントの1つ『高級感』。デザインやシルエットはもちろん、『靴の内側』まで高級感があると、脱いだ時に嬉しくなりますよね。

こちらのビジネスシューズには、中敷に『RUNWALK』の刻印がゴールドで施されていて、存在感が抜群です。アッパー部分は『内羽根』タイプで、エレガントな雰囲気が漂います。

また、デザイン性のよさだけでなく、履き心地にも優れたクッション性の高さも特徴です。アシックスウォーキングのよさが細部まで感じられる、スタイリッシュな1足になっています。

高評価の口コミ

・クッション性がよくて、長時間履いても疲れません。

・スニーカー並みに軽いシューズで、皮も柔らかいです。

・歩きやすく、完全防水でデザインもよかったです。

低評価の口コミ

・中敷部分が高級な素材のせいか、ツルツルしており、グリップ感が薄い気がしました。

[アシックスウォーキング]ペダラ WP429K G-TX

Amazonで見る

毎日のように履くビジネスシューズは、履いているうちに足の形になじんでくるものが多いですが、『歩き心地』だけは自分が慣れるしかありません。

アシックスウォーキングから登場している『ペダラ』は、少々コストがかかるものの、履いた時の『ホールド感』が、ほかとは比べ物にならない感動を与えてくれます。

足を優しく包み込む形は、まるで裸足で歩いているかのように軽やかな歩きやすさを実現。長時間歩いても疲れにくいです。

また、ソールの裏側には雨の日も滑らないように『ドット柄』が施されていて、グリップ力に優れているので、いつも自信を持って1歩を踏み出せますよ。

高評価の口コミ

・幅広の私にはピッタリで、スニーカーを履いている感覚です。

・足入れで何の抵抗もなくなじみました。

・常時、靴を履いていますが蒸れた感じがまったくしません。

低評価の口コミ

・小じわがすぐにできます。

・価格の割に、革は安っぽく感じます。

・カジュアルシューズを、ビジネスシーンに転用して履いている私には硬すぎる感じです。

[アシックスウォーキング]ランウォーク エアサイクル 1231A149

Amazonで見る

ビジネスシューズを履いて長時間歩くと、気になるのが『足の蒸れ』ですよね。アシックスウォーキングから登場している『エアサイクル』シリーズなら、靴の中の不快感を解消してくれます。

足の前側と後ろ側に、いくつか『通気孔』が空いているところが特徴です。歩くたびに空気が循環するような設計になっており、足の蒸れが和らぎます。

フォーマルなシルエットは崩さず、履き心地のよさを体験できるのは、アシックスウォーキングのビジネスシューズだけかもしれません。

高評価の口コミ

・ソールのクッション性が高く、歩きやすくて楽チンです。

・履きやすくて歩くのも楽で、高価に見えるところも大満足です。

・よく歩くビジネスマンにおすすめの1足です。

低評価の口コミ

・革が柔らかいので、傷がつきやすいかもしれません。

[アシックスウォーキング]ランウォーク WR614T G-TX

Amazonで見る

ラウンドトゥタイプで柔らかい印象を与えてくれる、高機能なビジネスシューズです。

撥水性に優れた生地のアッパーで、雨の日も快適に外を歩けます。シューズの内側にはアシックスウォーキングならではの、こだわりが詰まった『ゴアテックスファブリクス』を使用。防水面も安心です。

『外羽根』タイプでありながら、羽根は短めに仕上げられているため、足元をシャープに見せてくれます。

ツヤ感がある上品なビジネスシューズは、長時間の仕事で疲れたスーツ姿のあなたを、いつでもスマートに見せてくれる強い味方になってくれるでしょう。

高評価の口コミ

・スニーカーのような衝撃吸収力と柔らかさで、ビジネスシューズとは思えない楽さです。

・艶感、質感、黒の深みなど求めていたデザイン性です。

・足幅が広いので、なかなかサイズの合う靴が見つからなかった中で、こちらはジャストサイズでした。

低評価の口コミ

・皮が硬すぎて足の甲が痛くなります。

・とても履きやすく、丈夫でしかも防水なので重宝してます。

・3Eにしてはタイトな作りです。

まとめ

アシックスのスポーツシューズブランド『アシックスウォーキング』から登場している、おすすめのビジネスシューズをご紹介しました。

スポーツシューズの開発で培った技術が活かされており、履き心地も抜群です。

高級感があるデザインでコスパもいいので、一度履くとほかのものが履けなくなるかもしれません。

長時間履き続けるビジネス用の靴に、少しでも不満や悩みがある人は、スニーカーを履いた時のような快適さが感じられる、アシックスウォーキングのビジネスシューズの購入を検討してみてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
Amazon

Share Tweet LINE コメント

page
top