grape [グレイプ]

「今の自分が大嫌い」…そんな少女に届いた、兄からのメッセージとは

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:YouTube

1988年に連載が始まり、実写映画化もされた『ツルモク独身寮』の作者・窪之内 英策さん。

温かみのある柔らかいタッチや、今にも動き出しそうな躍動感が人気で、現在はイラストを中心に活躍しています。

そんな窪之内さんが、とある女子高生の心情をアニメーションで美しく描きだしました。

迷ってる人や悩んでる人、今の自分に足踏みしてる人…そんな人たちへのメッセージを込めた、優しい映像をご覧ください。

自由に生きてる兄が嫌いで、うらやましかった

主人公は、女子高生のサヨ。何気なく流れている毎日に嫌気を感じつつ、学校生活を送っています。

20615_01

出典:YouTube

『いとおかし』なんて、一生使わないのに勉強して
みんなに合わせてカワイイって言って
行きたいところなんかないのに、進めって言われて

そんなサヨの家に突然押し掛けた、大学生の兄・コウ

流されているサヨと違って、自分の好きなことを毎日楽しんでいる兄…。自分とは正反対の彼を、サヨは疎ましく思っていました。

20615_03

出典:YouTube

でも、本当は…。

20615_04

出典:YouTube

自分の好きなことを知っている人が、うらやましくて
私は、自分がキライだ

流されるだけの自分が大嫌いで、自由奔放な兄がうらやましかったのです。

ふと、小さいころ兄とした会話を思い出したサヨ。

「大人になったら、なにになりたい?」

「うーん、わかんない!お兄ちゃんは?」

「シャボン玉!」

「わたしもー!」

シャボン玉になりたい」…そう思っていた昔の自分。周囲を漂うシャボン玉を見て、サヨは決意します。

私は、今の自分を出て行きたい

数日後、別の場所へ向かおうとするコウに駅でお別れを告げるサヨ。

20615_07

出典:YouTube

「じゃあ、行くわ」

「…うん」

20615_08

出典:YouTube

別れ際、兄から送られたサヨへのメッセージ。それはあのころ、2人で「なりたい」と話していたシャボン玉でした。

20615_10

出典:YouTube

20615_09

出典:YouTube

私も、行くよ

サヨは、走り出しました。今の自分から出発し、新しい自分に会いに行くために。

この物語について、窪之内さんはこのようにコメントしています。

幼い頃、飛ばしたシャボン玉。
それは脆く儚く、それでも高く、あの雲に届けと願いを込めて吹きました。
光に反射するシャボンの虹色、それは未来への希望の色。

『今でも吹いてる?』
そんな想いを込めた作品です。

観ていただいた皆さんにシャボン玉が届くことを願って。

新しいことに挑戦したり、自分を変えてみたりすることは、決して容易ではないと思います。しかし勇気を出して歩み出せば、きっと今までの自分から変われるはずです。

サヨと同じように悩んでいる方へ、シャボン玉が届くといいですね。

出典
【手描きアニメ】「サヨとコウの出発」 駅すぱあと@EISAKUSAKU

Share Tweet LINE コメント

page
top