grape [グレイプ]

全員社会人ってウソでしょ!?ネットで話題のアイドル『東池袋52』のクオリティが高すぎる

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

2017年5月。いままでにない異色のアイドルグループ『東池袋52』がデビューを飾り、多くの反響を得ました。

メンバーは、クレディセゾンと関係会社の社員。なんと、一般企業で働く社会人のアイドルなのです!

デビュー曲の『わたしセゾン』は、筋金入りのアイドルファンたちも太鼓判を押すほどのクオリティが功を奏し、各メディアで公開されたものも含めて160万回以上の再生を記録するほどの人気に。ネット上では「ファン絶対付くはず」「ぜひ第2弾も!」との声が多く上がっていました。

メンバー自身も、grapeのインタビューで「会社員のアイドルとしてどこまでできるのか、やってみたいです。」と意気込んでいました。

© @JAM EXPO 2017

前代未聞の社会人アイドルはその後、2017年の間になんと計4曲をリリース。さらには、横浜アリーナでパフォーマンスを披露するなど、活動の幅を広げてきました。

そして2018年1月。『東池袋52』は新たなステージに立ったのです。

勢いが止まらない社会人アイドル!

その1つがラジオ。2018年1月21日に放送された『クレディセゾン presents SAISON cafe RADIO 〜東池袋52 人生楽しい人の勝ち〜』は、東池袋52だけがフィーチャーされる1時間の特別番組。

パーソナリティーとして、メンバーの高柳茉里さん、森田結香さん、坂上博美さんが出演し、アイドル活動の話はもちろん、プライベートのエピソードまで披露しました。

(左から)高柳茉里さん、森田結香さん、坂上博美さん

タイトルコールを聴くと、それはもうアイドルのラジオ番組そのもの。「すごく緊張した」と振り返るメンバーたちの、ちょっぴりぎこちない雰囲気がたまりません。しかしトークが進むにつれ、普通のアイドルではありえない発言が続出。

外回りや電話対応をしながら、予算を取っていこうという部署に所属しています。

「予算を取る」なんていうアイドル、斬新です。そのほかにも「拝見しております」と丁寧な言葉遣いをするなど、社会人の部分がこぼれ出てくるところが、彼女たちならではの魅力です!

まだアイドルとして、あだ名やキャッチフレーズがないという3人。番組内ではメンバーがお互いのキャッチフレーズを考えます。一体どんなものが完成したのでしょうか。

ついにはTVCM出演も実現!

『東池袋52』の快進撃は、ラジオ出演にとどまりません。1月22日から放送される『セゾンカード・UCカードのApple Pay』のTVCMでは、なんと東池袋52のメンバーが出演。ラジオに出演した高柳さん1人で挑む場面もあります。

また、最新シングルの『雪セゾン』もCMタイアップ曲として使用されていますよ。

一般のOLが瞬く間にCM出演もこなしてしまうという、普通ではありえないことを成し遂げた『東池袋52』。ラジオ番組収録後に、アイドルグループとしての今後の夢を聞くと「テレビの歌番組出たい!」「ほかのアイドルさんと共演したい」と意欲を示していました。

当初は「1曲だけで終わる」と思っていたメンバーたち。デビューから8か月たった景色は、彼女たちの想像を超えていました。今後はどのような展開を見せてくれるのか…彼女たちのさらなる活躍に、目が離せません!


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE