grape [グレイプ]

「あ、危ない!」 散歩中に毒ヘビと遭遇し、身を挺して飼い主を守った子犬

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

出典:Paula Godwin

アメリカのアリゾナ州に住むポーラさんはある日の朝、愛犬たちを連れて散歩に出かけました。

気持ちのいい散歩道を歩いていると突然、子犬のトッドがポーラさんの足元に飛び出してきたのです。

次の瞬間、彼女はなぜトッドがそんな行動をとったのかを知ることになります。

とっさに飼い主を助けたヒーロー犬

その時、ポーラさんの足元にガラガラヘビがいたのですが、彼女は気が付いていませんでした。しかしトッドには見えていたのです。

ヘビに気付いたトッドはポーラさんを助けようとして彼女の足元に飛び出しました。その結果、トッドはヘビに顔を噛まれてしまいます。

ヘビに噛まれて顔が腫れあがった痛々しいトッドの写真をFacebookに投稿したポーラさんは、「トッドは私のヒーローよ。彼は私を助けるためにわざと自分がヘビに噛まれてくれたの」と説明しました。

ポーラさんの投稿を見た人たちからは、トッドへの称賛と早い回復を祈るコメントが多く寄せられています。

・なんて勇気と忠誠心のある子犬なのかしら!早く元気になるように祈ってるわ!

・私も2匹のゴールデン・レトリバーを飼っているけど、何度も守ってもらっているわ。彼らは最高よ。

・トッドは神様があなたに送ってくれた守護天使だね。

ヘビに噛まれた後、トッドはすぐに病院で解毒剤の投与などの手当てを受けました。現在は順調に回復しているということです。

トッドが飛び出さなければ、ポーラさんはうっかりヘビを踏んで噛まれていたかもしれません。

まだ子犬の小さな体で、身をていして飼い主を守ったトッド。彼は間違いなく勇敢な『ヒーロー』ですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
Paula Godwin

Share Tweet LINE