grape [グレイプ]

アキラ100%は消えた? お盆芸で失敗した後の活動や、妻との関係性に驚き

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

お笑いタレントとして活躍しているアキラ100%(ひゃくパーセント)さん。

その身体をはった『お盆芸』で、老若男女問わず多くの人から親しまれています。

そんなアキラ100%さんの活躍ぶりや、「消えた?」とささやかれる理由、妻についてなど、さまざまな情報をご紹介します!

アキラ100%ってどんな人?

まずはアキラ100%さんのプロフィールをチェックしていきましょう!

本名:大橋彰(おおはしあきら)

生年月日:1974年8月15日

出身地:埼玉県秩父市

血液型:A型 型

身長:170cm

所属事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ

チャップリンに憧れるなど、もともとは俳優志望だったというアキラ100%さん。高校時代は演劇部に所属し、大学では小劇場の俳優として活動していました。

卒業後は俳優・椎名桔平さんの付き人となり俳優を目指しますが、何をやってもミスばかりの自分に嫌気がさし、置き手紙を書いて逃亡したそう。

やがて30代になり、それでも芸能の世界への憧れを捨てられず、一念発起してお笑いの道へ。

当初は大学時代の同級生とお笑いコンビ『タンバリン』を組んで活動していましたが、結成から5年ほど経っても芽が出ずに解散。それからピン芸人として活動を始めます。

しばらく苦労の日々が続いたアキラ100%さんに、転機が訪れたのは2015年。現在のお盆芸の原型となるネタを人気バラエティ番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)で披露すると、これが大ウケ。

翌年の大晦日の特別番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけない科学博士24時!』で、俳優の原田龍二さんとともにお盆芸を見せると、知名度が一気に上昇しました。

そして、2017年のピン芸人オーディション番組『R-1ぐらんぷり』(フジテレビ系)で優勝してブレイク。人気お笑いタレントの1人になりました。

『R-1ぐらんぷり』の決勝に進出したアキラ100%さん 2017年

アキラ100%が見せた『振り子』が大人気に

アキラ100%さんといえば、そのお盆芸。ツイッターでもきわどい姿を見せ、多くのファンをハラハラさせています。

特に注目を浴びたのが『振り子』というネタ。振り子のボールの動きにあわせて腰を動かし、股間を隠すというものです。

圧巻の名人芸をご覧ください。

アキラ100% 振り子ver.2

この芸に「アキラ100%しかできない芸」「素直にすごい」「着眼点が天才的」といった称賛の声が寄せられていました。

アキラ100%は結婚してる?妻とのエピソードを明かす

アキラ100%さんは、2015年にそれまで7年間交際した一般の女性と結婚しています。

2017年に『R-1ぐらんぷり』で優勝した時も、その喜びを最初に報告したのは妻だったそう。

そんな妻との夫婦仲が、同年4月17日放送のバラエティ番組『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ)の中で明かされました。

妻の名前は『雅美』さんといい、この日の放送にも登場。お笑いタレントとして芽が出なかった時のアキラ100%さんの月収は1~2万円ほどで、看護師として家計を支えたのが雅美さんだったといいます。

その苦労について聞かれると、雅美さんはこう語ります。

ずっと付き合ってるときから「お金がすべてじゃない」ってことはいっていたので…。

『人生が変わる1分間の深イイ話』 ーより引用

雅美さんの愛情の深さが分かる言葉です。

その後はアキラ100%さんがお盆芸の練習をし、雅美さんが「見えるか、見えないか」をチェックするという日課が紹介され、笑いを誘いました。

アキラ100%さんも雅美さんを愛しているようで、「ブレイクをしたいま、しっかりとお金を稼ぎ、ずっと一緒にいられたらいいな」と語っています。

アキラ100%に「消えた?」の噂 現在の活動は?

2017年にブレイクしたアキラ100%さんですが、「TVから消えた」もしくは「消える」とささやかれたことも。

特にそういった声が目立ったのは2018年1月で、そのきっかけは年始に放送された特別番組『第51回爆笑ヒットパレード2018』(フジテレビ系)の中のコーナー『新春レッドカーペット』でした。

生放送の同番組に出演したアキラ100%さんはお盆芸に失敗してしまい、一瞬、股間があらわに。その直後、くずれるようにヒザをつき、股間を隠していました。

この失敗にネットは騒然となり、「アキラ100%はこの放送事故で消えたな」「終わった」といった声が続出。

アキラ100%さんもこの失敗に対してかなり苦悩したようで、数日後の1月6日にこんなツイートをしています。

また、同年6月に発売された雑誌『日経エンタテインメント!』が発表したランキングで、『一番嫌いなお笑い芸人』と『これから1年で消えると思う芸人』の部門で1位になり、将来の人気が危ぶまれたこともありました。

あるイベントの中でそのことについて聞かれると、アキラ100%さんはこう語ります。

やっぱり話で聞くよりも、あれが全国の本屋で売られていたと思うとちょっとショックな気持ちはありますね。

でも逆に考えれば皆さんに知ってもらえたりとか、名前を覚えてもらってるんだなって思って。

ランキングの結果にショック受けていた様子のアキラ100%さんですが、一方で仕事は安定的にあるそうで、同イベントで現状を語っています。

ピーク時とくらべたらあれですけど、毎日何かしらの仕事をいただいていてありがたいです。

どうやら、まだまだアキラ100%さんの活躍が見られるようです。

実際、アキラ100%さんは現在も多くの場所で活躍しています。

また、本名である『大橋彰』の名義で俳優としても活躍しており、2019年公開の映画『こはく』にも出演が決定しています。

その活躍に磨きがかかってきたアキラ100%さん。これからがますます楽しみですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
ソニー・ミュージックアーティスツ@akira100pAKIRA100% Pendulum ver.2 / アキラ100% 振り子ver.2『人生が変わる1分間の深イイ話』

Share Tweet LINE

page
top