grape [グレイプ]

ファンのマナー違反でコンサート中止 風間俊介も言及し共感の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

2007年にデビューして以来毎年コンサートを開催していた、アイドルグループ『Hey! Say! JUMP』。

2019年5月19日に公式ウェブサイトで、アリーナ会場でのコンサートの中止を発表しました。

ジャニーズ事務所公式ウェブサイトでは、以下のように中止の理由を説明しています。

日頃よりHey! Say! JUMPを応援いただき、誠にありがとうございます。


Hey! Say! JUMPファンの皆様にお知らせがございます。


先般、ジャニーズネットにおきまして、「公共交通機関の利用マナーに関するお願い」を掲載致しました。

この数年メンバーからも直接お願いをさせていただいておりましたが、ツアー移動時に一般のお客様に対して多大なご迷惑をお掛けする状況が改善に至らなかったことを踏まえまして、デビュー以来継続して参りましたアリーナ会場でのコンサートを本年は見送らせて頂きます。全国各地での開催を望むメンバーにとりましては苦渋の決断であり、全員が強く来年以降の全国ツアー再開を希望しております。


日頃よりファンの皆様の応援のおかげでHey! Say! JUMPが活動させて頂けることに心より感謝致しております。

メンバー・スタッフ一同、これからもファンの皆様と楽しい時間を過ごし、笑顔になれる瞬間を多く作っていきたいと考え、今後とも全ての皆様に安心して楽しくHey! Say! JUMPを応援して頂ける環境作りに努めて参りたいと思います。

皆様のご理解とご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

Johnny's net ーより引用

公共交通機関でのファンの行動が、一般の利用客に迷惑をかけていたことが大きな理由。また、マナーの改善も見られなかったと説明しています。

ほかのアイドルグループでも過去に、タレントが乗る新幹線や飛行機にファンが押し寄せ、発車遅延につながったケースが散見。

このようなファンのマナーについて、これまでも具体的な事例をあげて注意喚起をし、コンサート開催中止も示唆していました。

実際に発生しているのは以下のような事例です。

・飛行機、新幹線でタレントに近い席を取り、立ち上がって覗き込む行為

・新幹線の車内でタレントの乗車車両の前後のデッキに留まり、一般の方の通行を妨げる行為

・タレントの写真、動画を撮影し続ける行為

・タレントの進路を妨害する行為

・タレントに故意にぶつかったり、抱きついたりする行為

・マネージャー、警備員、JFCサポートスタッフの注意を無視して、追跡を繰り返す行為

・スタッフに向けてエアガンを発砲する行為

・一般の乗降客を巻き込み迷惑をかける行為

・タレントを乗せた移動車両を白タクなどで追いかける行為


過度なつきまとい行為は明らかに危険な行為で、大きな事故が起きる恐れがあります。


このようなマナーに違反する過激な方々の行動により、タレントが日々の移動に不安を覚えるばかりでなく、一般の方々にご迷惑をお掛けすることにより、タレントの評判を落とすことにもつながってしまいます。事態が改善されなければ、関係機関よりコンサートの開催中止勧告を受けることや、タレントが公共交通機関を利用できなくなる等の最悪のケースも考えられます。一部の過激な方々の行為がコンサートの開催を心待ちにしてくださる多くのファンの気持ちをだいなしにしてしまうことになります。

ファンの皆様へ注意とお願い ーより引用

実際に発生した事例の中には、タレントにぶつかる行為や、スタッフにエアガンを発砲するなど、マナーを超えた危険な行為もあげられていました。

出典
Johnny's netHey! Say! JUMPZIP!

Share Tweet LINE コメント

page
top