grape [グレイプ]

見るからに暑苦しい2人の外国人…その理由に「笑った」「そういうことね」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

  • この歌最高すぎる!耳から離れないんだけど。
  • 本気でふざけてる感じが好き。
  • 無駄に歌うますぎて笑った!

ネットで「面白すぎる!」と話題になっているこちらの動画をご存知でしょうか。

じめじめと蒸し暑い梅雨から夏にかけて、悩みとタネとなる『温度』と『湿度』をテーマにした、ユニークな内容に仕上がっています。

歌もエアコンも『ハモリ』が大切?

温度だけでも 湿度だけでも 爽やかになれない

ONDO&SHITSUDO『だからハモらないと』より引用

美しいハーモニーを響かせるのは、ツインボーカルユニット『ONDO&SHITSUDO』。これは、蒸し暑い夏における、温度(Ondo)と湿度(Shitsudo)が調和することの大切さを伝えた、彼らのデビュー曲なのです。

こちらの音楽プロモーションビデオ風のユニークな動画は、ダイキン工業が公開したものです。

高温多湿で、蒸し暑い日本の夏。暑さの原因は『温度』と思われがちですが、実は『温度』と『湿度』を一緒に調整することで、快適でさわやかな空間を作れることを楽しい歌詞とメロディで表現しています。

ソロで歌っている時は何だかむさくるしい姿だったONDOとSHITSUDOの2人。お互いにハモることで、さわやかに変化していく様子も見どころです。

ダイキン工業は、室温と湿度を一緒にコントロールすることで体感がどう変わるのか、サーモグラフィを使った可視化検証試験(※)を実施しました。

温度を28℃にコントロールしても、湿度が高いと暑く不快に感じる一方、湿度が低いと男女共に快適に感じるという結果に。

サーモグラフィでも、温度28℃・湿度85%で皮膚温度の上昇が見られた状態から、湿度60%に下げたところ、12人中10人で手や顔の皮膚温度が低下しました。

室温や湿度が高い状態が続くと、室内の暑い空気を長時間受け続けることになり、熱中症になる危険があるので注意が必要です。家に湿度も調整できるエアコンがあるなら、室温だけではなく、湿度も下げて調整してください。

年々夏の暑さが厳しくなっている日本。梅雨が明ければいよいよ本格的な猛暑がやってきます。エアコンを上手に活用して、温度と湿度をコントロールしながら、快適な夏を過ごしてくださいね!

  • (※)温度と湿度のハーモニーによる清涼効果検証(可視化検証試験)
  • 実験監修:横浜国立大学 教育学部 田中英登(ひでと)教授
  • 結果発表日:2018年6月26日
  • 調査手法:サーモグラフィを使った可視化検証試験
  • 調査対象:20代~60代の男女12名(男性6名、女性6名)

[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top