grape [グレイプ]

紺野まひるの現在は? 宝塚を退団後、ドラマ・CMとマルチに活躍!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

紺野まひる

俳優として活躍中の紺野まひる(こんのまひる)さん。連続テレビ小説『てるてる家族』(NHK)で人気となり、マルチに活躍していました。そんな紺野まひるさんも40代をすぎ、2人の娘の母になっています。

紺野まひるさんの宝塚時代のこと、退団後の活躍、患った病気など、さまざまな情報をご紹介します!

紺野まひるは宝塚歌劇団出身 退団後は数々のドラマに出演

紺野まひるさんは、1994年、宝塚音楽学校に入学し、1996年に宝塚歌劇団に入団しました。雪組の娘役として活躍し、6年後の2002年に娘役のトップになりました。そして2002年9月に宝塚を退団後、芸能活動を始めます。

紺野まひるさんを一躍有名にしたのは、2003年出演した連続テレビ小説『てるてる家族』(NHK)です。紺野さんは、4姉妹の長女・岩田春子を演じました。戦後から高度経済成長期の大阪を舞台に、家族の絆と娘たちのそれぞれの夢を描いたドラマです。

このドラマに出演して以降、数々の作品に出演するようになりました。出演した主なドラマをご紹介します。

2004年『ホームドラマ!』(TBS系)
2005年『ホットマン2』(TBS系)、『飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ』(フジテレビ系)
2006年『小早川伸木の恋』(フジテレビ系)
2007年『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』(フジテレビ系)、大河ドラマ『風林火山』(NHK)
2008年『だいすき!!』(TBS系)
2009年『妄想姉妹~文學という名のもとに~』(日本テレビ系)、『白い春』(関西テレビ系)
2010年『泣かないと決めた日』(フジテレビ系)
2011年『外交官・黒田康作』(フジテレビ系)、『鋼の女 season2』(テレビ朝日系)
2013年『なるようになるさ』(TBS系)

ドラマ以外にも映画や舞台への出演、CM起用などで活躍しています。

紺野まひるがドラマ『緊急取調室』でベテラン女流棋士を演じキーマンに?

紺野まひるさんは2019年『緊急取調室』(テレビ朝日系)に出演しました。『緊急取調室』は2014年にFIRST SEASONが始まり、現在3rd SEASONまで放送されています。簡単に自白せず、供述がころころ変わる容疑者を落とすべくために結成された、取り調べ専門チーム・緊急事案対応取調班の活躍を描くドラマです。

紺野まひるさんは、女流棋士・宗形あずさを演じました。新進の女流棋士・橘日名子と最終対局が行われている最中に解説を担当していたスポンサーが体調を崩し退出。その後、控室で死んでいるのが見つかったのです。死因は中毒死だと判明。スポンサーの男が持参した水筒の中に、毒キノコの粉末の粉末が入っていたことが明らかになります。

あずさは日名子が殺したと話したので、日名子を取り調べることにしました。調べれば調べるほど日名子の容疑は深まっていきましたが、逆に話ができすぎていると怪しみます。日名子を調べてもこれといった決め手が得られません。状況打開のため、緊急事案対応取調班はあずさと日名子の『二元同時取り調べ』を行うのでした。

紺野まひるは『ジャワカレー』のCMのほかにも多数出演

紺野まひるさんは、『ジャワカレー』(ハウス食品株式会社)やカシワバラ・コーポレーションのCMにも起用されています。

『ジャワカレー』のCMには2017年から起用されていて、反町隆史さんと夫婦を演じています。最新版では、すてきな夫婦がさわやかな会話をしながら、反町隆史さんがカレーを作って2人で一緒に食べています。

カシワバラ・コーポレーションのCMには2018年から起用されていて、マンションに住んでいる主婦を演じています。このCMは物語仕立てになっていて、修繕委員会のために会議室に集められたマンションの住人が、修繕について話し合う様子が描かれています。

最初はお互いが好き勝手な意見をいって意見がまとまりません。そこで紺野さんが、施工会社に依頼して意見を聞くことを提案します。カシワバラ・コーポレーションの社員が会議室に入ってきて、アドバイスや提案をして会議が進められていきます。

2つのCMは公式サイトやYouTubeチャンネルにアップされているので、興味をお持ちの人はぜひ見てください。

紺野まひるは病気を乗り越えて2児の母に!

紺野まひるさんは、『ヨミドクター』で健康についてインタビューに応じています。

紺野まひるさんはポジティブな性格で体も強いので、厳しいスケジュールでもあまり苦痛に感じることがないそうです。

しかし、そんな紺野まひるさんでも2005年『瑠璃の島』(日本テレビ系)の撮影の時に、腰を骨折したときは声が出せなくなるほどの痛みを経験し、結局ドラマは降板せざるを得なくなってしまいます。

また、長女出産の約2年前には子宮筋腫を患ったそうです。自分に子宮筋腫があることは以前から知っていたと話しています。しかし放置していたら、びっくりするほど大きくなってしまったとのこと。医師のすすめや、紺野まひるさんも将来妊娠した時のことを考えたら、摘出しておいたほうがいいと思って摘出手術を受けました。その後、子供を授かり無事に出産し、2児の母になりました。

 まず、元気で生まれてくるのかというのが不安でした。

 中学生、高校生の授業でもっと教えていいのではないかと思うのですけど、女の子はお母さんのお腹にいるときから体の中に卵があって、それ以降、卵は老化していき、数も減っていきます。それを私は妊娠するまで知らなかったんです。卵が生理のたびに出ていくのは知っていたけど、「ああ、年もとっていくんだ」と思うと、不安はいっぱいありましたね。

ヨミドクター ーより引用

紺野まひるの現在・これから

紺野まひるさんは2019年に入ってから出演した作品は、『第30回フジテレビヤングシナリオ大賞・ココア』(フジテレビ系)、『緊急取調室3rd SEASON』、『パーフェクトワールド』(関西テレビ系)と多数。お子さんは、まだ7歳と4歳と小さいので活動はセーブしているのでしょう。

しかし、出産後も体型を保っている様子。いつでも俳優活動をする準備はできているといえます。今後も、素晴らしい演技を見せてくれることに期待しましょう!

紺野まひる プロフィール

生年月日:1977年4月12日
出身地:大阪府豊中市
血液型:A型
身長:160㎝
所属事務所:FLaMme(フラーム)

1994年宝塚音楽学校に入学。1996年宝塚歌劇団に入団し初舞台を踏む。雪組の娘役として活躍し、2002年娘役のトップになる。2002年9月宝塚を退団し、芸能活動を開始。2003年連続テレビ小説『てるてる家族』に出演して人気になって以降、さまざまなドラマ、映画、舞台に出演し活躍。2008年結婚し、現在は2人の娘の母である。


[文・構成/grape編集部]

出典
ヨミドクター

Share Tweet LINE コメント

page
top